はじめての留学

初めて留学について考えるときのポイントを、
準備のステップごとに紹介します!

2018年8月更新

ここから本文内の内容です

はじめての留学

Part1.留学について考えよう

Step1:目的を明確にする
留学準備を進めるうえで最も大切なことは、“なぜ留学したいのか” をよく考えてみることです。その過程で、何をしたいかがより具体的になり、留学の目的が明確になります。
  • 留学したい気持ちは本物?
  • 自分に合った留学方法は何?
  • 留学経験をどのように将来に活かす?
     
“なぜ留学したいのか” が見えてきたら、具体的な計画を立てていきましょう。
  • 目的(勉強したいこと、体験したいこと、取りたい資格など)は?
  • 時期はいつ?
  • 必要な資格(語学力、学位、学力など)の取得や準備は大丈夫?

Step2:国・地域を選ぶ

留学する国・地域を選ぶ際には、何を勉強したいのか、どのような留学をしたいのか、から考えていきましょう。
 
 
  • 何を勉強したいのか?
    専門的な勉強 → その分野の研究が進んでいる、その分野で師事したい教員のいる国・大学などを調べる
    語学 → その言語が使われている国を調べる
     
  • どのような留学をしたいのか?
    大学の交換留学・短期留学なのか
    学位・資格取得するための留学なのか
    語学留学なのか
  • アジアの言語:中国語(中国・台湾)、タイ語、韓国語、ベトナム語など
  • オセアニアの言語:英語など
  • 北アメリカの言語:英語、フランス語など
  • 南アメリカの言語:スペイン語、ポルトガル語など
  • ヨーロッパの言語:英語、ドイツ語(ドイツ・オーストリア・スイス)、フランス語(フランス・スイス・ベルギー)、スペイン語、イタリア語など
  • 中近東の言語:アラビア語、ヘブライ語、ペルシャ語、トルコ語など
  • アフリカの言語:アフリカーンス語、アラビア語、スワヒリ語など
       ※英語圏でなくても、英語で授業を行うコースを設置している学校もあります。

Step3:学校のタイプを知る

どのタイプの学校に入りたいか調べてみましょう。

Step4:留学費用の準備

留学の費用(学費・滞在費・生活費など)の準備は早くから確実に行わなければなりません。

Step5:留学後の進路

留学後の進路について計画を立て、準備をしておくことは重要です。

留学後の進学・就職などに備えるためには、以下のことが大切です。
  • 早い段階で的確に情報収集する
  • 決断・応募のタイミングを逃さない
留学経験者のための就職説明会や募集の情報は留学前から十分にリサーチし、準備しましょう。
留学経験者の追跡調査

Part2.大学のウェブサイトを読みこなす

希望する学校をある程度絞ったら、学校のウェブサイトをよく読んでみましょう。
 

Part3.留学シミュレーション

留学の種類や国・地域などによって差異はありますが、留学準備には通常6か月~1年半ほどの準備期間がかかります。

留学準備から出発までの流れを一問一答形式でたどり、シミュレーションしてみましょう。

このページの先頭へ戻る