海外留学情報

目的から調べる

2015年3月更新

ここから本文内の内容です

デンマーク 大学・大学院留学ガイド

  • 各情報・データは更新時(2018年2月)における一般的な状況です。教育機関、地域、あるいは時期により異なる場合がありますので、最新・個別の情報については必ず各機関にご確認ください。
  • このガイドの中ではいくつかの教育機関を取り上げていますが、あくまでも一例示であり、特にそれらを推薦する趣旨ではありません。
  • 特殊文字や記号は省略しています。
留学概要
学校の種類 (1)総合大学 8校
(2)単科大学(芸術、建築系) 14校
(3)カレッジ(特定分野:教育学、工学、経営学、看護学、健康学、栄養学、社会事業学の学士号取得) 8校
(4)実践的で専門に特化し、職業と直接結びついた商業アカデミー10校
在学期間 (1)(2)学士課程3年、修士課程2年、博士課程3年
(3)3~4年
(4)2~2.5年
学年度 秋学期:8/9月~
春学期:1/2月~
出願資格 高校卒業以上(ただし、大学1~2年次修了が必須の大学あり)
専攻により、高校での特定課目の履修や職歴などが必要な場合あり
必要な語学力 デンマーク語力と英語力
※英語で学べるプログラムあり
出願・選考 学士課程の出願書類はoptagelse.dkを通して行う
修士課程、博士課程は志望校に直接問い合わせ
出願日程 学士課程:秋学期:3月15日 春学期:9月1日まで
修士課程:プログラムにより異なる
博士課程:プログラムにより異なる
入国・滞在 3か月以内の滞在の場合、ビザは不要
3か月以上滞在する場合は滞在許可が必要
必要書類を添えて駐日デンマーク大使館へ申請
授業料 EU、EEA(欧州経済領域)加盟国およびスイス出身の学生や交換留学生を除いて基本的に有料
(年間45,000~120,000デンマーククローネ)
生活費 家賃 2,500~4,000デンマーククローネ/月(生活用設備含む)
その他の生活費 約3,500~4,000デンマーククローネ/月(家賃除く)
滞在先 学生寮、貸し部屋、アパートなど
※費用のレート計算は、外国為替情報ページで確認してください。
デンマークの高等教育機関は、総合大学と、建築やデザイン、音楽、美術など単一の学問領域を教育、研究する単科大学、 特定分野の高等専門教育を提供するカレッジ、専門的かつ実践的な内容を学べる商業アカデミーの4種類に分けられます。
2006年度以降は、EU、EEA加盟国およびスイス出身の学生や交換留学プログラムに参加する学生を除き、留学生からは基本的に授業料を徴収しています(費用参照)。
1学年は秋学期8/9月~12/1月まで、春学期1/2月~5/6月までの2学期で構成されています。
総合大学:Universitet (University)
単科大学(芸術、建築系):University Level Institutions of fine and performing arts, design and architecture
学士号・修士号・博士号の学位を取得可能。総合大学では研究を主体とした学問を修める。

学士号(Bachelor): 3年(180 ECTS)
修士号(Master/Candidatus):2年(120-180 ECTS)
博士号(Doctor of Philosophy/Philosophiae Doctor):3年(180 ECTS)
 

カレッジ:Professionshojskoler(University Colleges)

教育学、工学、経営学、看護学、栄養学、社会事業学の専門分野の理論と実践に基づいたプログラムを提供する高等専門教育機関。学士号または学士号に相当する職業学士号を取得可能。

学士号または職業学士号(Professional Bachelor’s Degree ):3~4.5年(180~240 ECTS)
※修了後、修士課程への進学を前提としたプログラムの提供あり。
商業アカデミー:Erhvervsakademier (Academies of Professional Higher Education)
高等学校または専門学校卒業後に進学することができる。地域経済・産業と強い結びつきを持っていることが特徴。ビジネス、工学、IT、マルチメディア、食品産業、旅行関連などの分野で理論や実践を学ぶことができる。職業教育プログラムと企業での職業訓練からなる課程を修了すると修了証が授与される。

修了証(Profession + AK(Academy Profession Degree):2~2.5年(120 ECTS) 
※学校やプログラムによっても異なる。
大学や高等教育機関リスト、英語による学位取得プログラムのデータベース、サマースクールはStudy in Denmarkより検索できる。

Study in Denmark 〔英語〕 ※リンク先を新しいウインドウで表示

総合大学/単科大学

学士課程:
日本の高校卒業資格が入学の最低条件で、現地の大学によっては4年制大学1~2年次の修了が必要な場合もあります。
専攻によって特定科目の履修や職歴などが必要とされる場合もあり、さらに学位取得目的の場合、書類審査の結果により試験を課す大学もあります。大学独自の選考方法を採用している場合もあるので、志望校へ確認してください。
協定校関係にある大学へ交換留学生として1年間留学する場合には日本の在籍校へお問い合わせください。
※カレッジも同様
修士課程:
学士課程修了が前提です。
※詳細は志望校にて確認してください。
博士課程:
修士課程修了以上が前提です。
※詳細は志望校にて確認してください。
商業アカデミー
高校卒業資格程度あるいは職業実習などの受講によりそれと同等の資格を有する者。
学士課程および修士課程においては、デンマーク語で行われる授業を履修希望の場合はデンマーク語力を、英語で行われる授業を履修希望の場合には英語力が求められます(博士課程については、希望の大学に直接問い合わせます)。
デンマーク語力は、筆記・会話から構成される語学試験Studieproven i dansk som andetsprog for voksne undlandinge(The Study test of Danish as a Foreign Language(as a second language))あるいはDanskproveレベル2(The Danish Test)を取得しておかなければなりません。また、プログラムによってはDanskproveレベル3を求められることもあります。多くの高等教育機関で、学期中あるいはサマースクールでデンマーク語のコースを提供しています。また、地方自治体(kommune)、成人学習センター(VUCs)、民間の語学学校、フォークスクール(Folkehøjskole)でも学ぶことができます。
英語力はTOEFLでiBT79~93以上、またはIELTで6.5以上という基準を設けています。英語で行われる授業のみを希望の場合は、デンマーク語能力を提示する必要はありません。
学士課程
学士課程への出願は、the Danish Coordinated Application System (Den Koordinerede Tilmelding, KOT)を通して行います。まず、optagelse.dkにてアカウントを作成します。ここで作成した書類に署名し、志望大学へメールもしくは郵送にて提出します。
選考は各大学が独自に行っているため、入学制限がある場合は書類選考に加えて専門科目等の入学試験を課したり、職務経験を求めたりする大学もあります。従って、少なくとも1年前から志望校のウェブサイトをよく読んで出願の手順や条件など詳細を確認し、不明な点はメールなどで問い合わせるようにします。
出願書類の締め切りは通常、秋学期(8月/9月開始)入学希望者は3月15日、春学期(1月/2月開始)入学希望者は9月1日となっています。ただし、大学によっては留学生の受け入れを秋学期に限定している場合もあります。(2014年現在)

optagelse.dk〔デンマーク語〕 ※リンク先を新しいウインドウで表示

修士課程/博士課程
大学に直接応募します。大学により条件、提出書類、手続きの窓口などが異なるため、出願前に志望大学に手続方法を確認するようにしましょう。
なお、英語で受講できるコースには、交換留学生対象の学期単位のコースや、Summer Universityという名称で実施されている夏期のプログラム、さらに学士号や修士号、Diploma取得のためのプログラムがあります。博士課程も英語で修めることが可能な場合もあります。詳細は直接大学にて確認しましょう。 
交換留学生
日本の大学と協定を結んでいる機関へ交換留学生として1年間留学する場合は、日本の在籍校に確認してください。
上記以外の留学生
日本の学生が協定・姉妹校以外の大学へ留学を希望する場合、おおむね半年~1年の短期間、ゲスト・スチューデントとして個別に受け入れている大学もあります。ただし、受入条件が大学によって異なるため、詳細は志望校に確認してください。
ビザは不要ですが、3か月以上デンマークに滞在する場合には、滞在許可(Residence Permit)が必要で、日本を発つ少なくとも2~4か月前には在日デンマーク大使館領事部へ申請します。必要な書類は申請書類に記載されています。
詳しくは駐日デンマーク王国大使館のウェブサイトで確認してください。

駐日デンマーク王国大使館領事部〔日本語〕 ※リンク先を新しいウインドウで表示

滞在先

学校が学生寮などの滞在先を確保してくれる場合もあれば、独自の学生寮を持っていないため、自分で住居の手配をしなければならない場合もあります。留学先の学校に住居に関する情報を求めましょう。

費用

通常、協定校間の交換プログラムに参加する交換留学生などの場合、授業料は免除されますが、交換留学以外の個人による留学、EU/EEA加盟国およびスイス以外の国からの学生に関しては有料です。
費用は通常45,000~120,000デンマーククローネで課程や専攻、留学形態により異なるため、各志望校にて確認してください。
生活費:コペンハーゲンの都心部は他都市よりも物価が高めです。デンマーク全体では、一ヶ月あたりの学生の平均生活費は以下のとおりですが、個人のライフスタイルによっても左右されます。
<例>
書籍代等 150デンマーククローネ
携帯電話 150デンマーククローネ(インターネット除く)
食費 1,500~2,000デンマーククローネ
交通費 300デンマーククローネ
雑費 1,000デンマーククローネ
保険約 200デンマーククローネ
テレビライセンス(受信料) 100デンマーククローネ
 
家賃の情報は、2,500~4,000デンマーククローネ/月(生活用設備含む)と幅がありますが、まずは学生自治会などでサポートや斡旋を得て住居を探します。目安は以下の通りです。

学生寮 2,000~3,000デンマーククローネ/月
貸し部屋 3,000~4,000デンマーククローネ/月

デンマーク到着後、しばらくユースホステルなどに滞在しながら住居探しをしなければならない場合もあるため、予め志望先機関に問い合わせたり、ウェブサイトを参照して情報を入手しておきましょう。
 

ロイター外国為替レート>デンマーククローネ ※リンク先を新しいウインドウで表示

奨学金
関連ウェブサイト
(2015年3月改訂:禁無断転載)

このページの先頭へ戻る