海外留学情報

目的から調べる

2015年4月作成

ここから本文内の内容です

北欧の言語

北欧諸国 語学研修の手引き(ノルウェー)

はじめに
  • 各情報・データは作成・改訂時(2014年6月)における一般的な状況です。
    実際の状況は、教育機関、地域、あるいは時期によって異なる場合があるため、最新の情報については、各機関及び各学校のウェブサイトを必ず確認してください。
  • この手引きではいくつかの教育機関を取り上げていますが、あくまでも一例示であり、特にそれらを推薦する趣旨ではありません。
  • このhtml版ではウムラウト等の記号は省略しています。
留学概要
※費用のレート計算は外国為替情報ページ(例:http://jp.reuters.com/investing/currencies)で参照できます。
レートは常に変動していますのでご注意ください。
学校の種類 (1)大学附属語学プログラム
 a.交換留学生を対象としたコース   b.サマーコース
(2)Folkeuniversitetet:大学レベルの授業も提供する成人教育機関
(3)Folkehøgskole(フォルケホイスコーレ):1年間の全寮制成人教育機関
在学期間 (1) a.b. 3~6週間 
(2)プログラムにより異なる 
(3)1年コース(約9か月)、少数の学校で半年コースあり
プログラム
コース時期
(1)a. 2学期制 秋学期:8月中旬~12月、春学期:1月上旬~6月下旬    b. 6~8月 
(2)プログラムにより異なる 
(3)8月中・下旬~5月中旬
申し込み条件 (1)a.日本の在籍大学に問い合わせる   b.プログラムにより異なる
(2)プログラムにより異なる
(3)大半の学校で18才以上
必要な
語学力
(1)a.協定校の条件による   b.プログラムによる
(2)ラテンアルファベットを理解していること
(3)十分な英語力と初級程度のノルウェー語
※ノルウェー語の初心者でも参加できるプログラムもあるが、英語力は必要(TOEFLのスコアが必要な場合あり)
申込方法 申込書類を、志望校に確認のうえ送付する 
※交換留学の場合は日本の在籍校を通して申し込む
申込期限 (1)a. 日本の在籍大学に問い合わせる   b. 大学によって異なる 
(2)コースにより異なる 
(3)2月1日から授業開始日まで、あるいは定員に達するまで受付
入国・滞在の手続き 3か月以内の滞在の場合は滞在許可不要
3か月以上滞在する場合は滞在許可が必要 
必要書類を添えて駐日ノルウェー大使館へ申請
授業料 (1)a. 日本の在籍大学に問い合わせる   b. コース期間により異なる
(2)5,500ノルウェークローネ/48レッスン、週4日
(3)授業料は無料。(授業料参照)
生活費 約8,900ノルウェークローネ~/月(滞在費含む、学費含まず)
滞在先の種類 (1)学生寮、アパート 
(2)ユースホステルなど 
(3)寮(一人または二人部屋)
大学付属の語学コース
外国人学生用にノルウェー語及びノルウェー文化を学ぶ1年間のプログラムを設けている大学もありますが、このコースは滞在許可証が発行されません。EU及びEEAからの留学生、もしくは滞在許可証を保持している現地大学在学生が対象となっています。また、学期中に外国人対象のノルウェー語・文化コースを設けている大学もありますが、こちらも基本的に交換留学生などの在籍生が対象です。
夏期短期集中コースは、Universitetet i Oslo(University of Oslo)、Universitetet i Bergen(University of Bergen)などで実施されています。受入条件は各大学、コースによって異なるため、各自確認するようにしましょう。
Folkeuniversitetet:大学レベルの授業も提供する成人教育機関
成人教育機関として、ノルウェーの各地で教養・文化や職業訓練を含めたさまざまなコースを提供しており、外国人を対象としたノルウェー語コースも開設しています。
Folkehojskole(フォルケホイスコーレ):1年間の全寮制成人教育機関
おおむね18歳以上を対象としたフォルケホイスコーレの中には、外国人を対象としたノルウェー語コースを開設しているところもあります。学校は寄宿制で、通常受講できるのは1年コース(約9か月)です。なお、学校によっては現地居住者を主な対象とし、海外からの申し込みを受け付けない場合もあります。
申込書類を用意し、志望校に提出します。大学付属の語学コースを希望する交換留学生は、大学在籍証明書や英語能力証明書の提出を求められることもあります。必要な書類や手続き方法は学校やコースにより異なるため、学校のウェブサイトやパンフレットで確認し、分からないことがあれば直接志望校に問い合わせてください。なお、交換留学の場合は日本の在籍校を通して手続きを行います。
  • (1)大学付属語学プログラム:サマーコース 例)Universitetet i Oslo(University of Oslo) ※リンク先を新しいウインドウで表示 22,250ノルウェークローネ~/6週間(宿泊・食費含む)
  • (2)Folkeuniversitetet 例)Folkeuniversitetet Oslo Norweigian for Beginners A1 ※リンク先を新しいウインドウで表示 授業料:5,500ノルウェークローネ /48レッスン、週4日
    生活費:約8,900ノルウェークローネ/月(滞在費含む)
  • (3)Folkehøjskole 例)Folkehøjskole ※リンク先を新しいウインドウで表示 授業料:無料(登録料2,000ノルウェークローナと課外活動等の費用は別途必要)
    生活費:73,000~136,000ノルウェークローネ/9か月(滞在費含む)
ビザは不要ですが、ノルウェーに90日以上滞在する場合、滞在許可証(Residence Permit)の取得が必要です。
滞在許可の申請については、ノルウェー入国管理局(UDI)のウェブサイトで確認してください。
申請書類を在日大使館に提出する前に、オンライン申請を行い、手数料を支払います。
取得までには数か月かかるため、余裕をもって申請を行いましょう。なお、高等教育機関以外で語学の学習のみを目的とする場合は、滞在許可を取得できるとは限りません。詳細は駐日ノルウェー王国大使館領事部で確認してください。
滞在許可を申請する際には、滞在先の住居が確保されていることの証明書が必要です。ほとんどの学校が学生寮やアパートの斡旋を行いますので、入学準備を進めると同時に留学先の留学生担当部署に確認し、住居に関する手続きを進めてください。

ノルウェー留学情報:留学の手引き/お役立ちリンク集 ※リンク先を新しいウインドウで表示

(2015年1月作成:禁無断転載)

このページの先頭へ戻る