海外留学情報

目的から調べる

2017年2月6日作成

ここから本文内の内容です

オーストリアに音楽を習いに行く

このページは平成27年度の調査をもとに、2017年1月時点で更新した情報です。ビザに関する最新情報については日本国内の大使館・総領事館、また学校情報に関するものは留学を希望する学校など各機関に直接確認してください。なお、例示している学校については単なる一例に過ぎず、当機構の推奨という趣旨はありません。

渡航に関する手続き等

パスポート

スポートは出国予定日から3か月以上の有効期間が残っており、10年以内に発行されたものである必要があります。

届出等

日本国籍を持つ人が海外へ渡航する場合、外務省に届け出る義務があります。滞在が3か月以上の場合には、在留届電子届出システム「ORRnet」(窓口に持参、FAX、郵送での提出も可。帰国後は「帰国届」の提出も必要)、3か月未満の場合は海外旅行登録「たびレジ」に登録します。

外務省渡航登録サービス

高額な楽器の持ち込み

税関で日本人音楽家の楽器が没収されてしまう事件が多発しました。430ユーロの物品のEU圏への持ち込みは、税関で手続きが必要です。この時、ATAカルネという通関書類を携行していれば、手続きが簡便になります。

税関>カスタムアンサー>ATAカルネの輸出手続き

入国管理・査証情報

オーストリアに日本国籍の者が6か月以上滞在する場合、オーストリア国内に入ってからビザを取得することになります。これには約3か月かかります。必要書類を出国前にあらかじめ調達しておいてください。書類については変更になることもありますので必ず日本にあるオーストリア大使館に確認してください。 
またホテル以外の住居を定めた場合、現地の役場で住民登録が必要になります。これは住居を定めてから3日以内に行わなければなりません。役場に直接提出する他、郵送でも提出可能です。申請書には家主のサインが必要になります。

在京オーストリア大使館>在留許可
在オーストリア大使館>住民登録制度

このページの先頭へ戻る