海外留学情報

目的から調べる

2017年2月6日作成

ここから本文内の内容です

イタリアに音楽や美術を習いに行く

このページは平成27年度の調査をもとに、2017年1月時点で更新した情報です。ビザに関する最新情報については日本国内の大使館・総領事館、また学校情報に関するものは留学を希望する学校など各機関に直接確認してください。なお、例示している学校については単なる一例に過ぎず、当機構の推奨という趣旨はありません。

音楽・美術分野を学べる教育機関の概要

イタリアの音楽・美術分野における教育機関には、高水準の教育を提供するAFAM所属機関と、AFAMに所属していない私立の教育機関の2種類があります。初心者が比較的短い期間で習いたい場合は、AFAMに所属していない私立の教育機関の方が、選択肢が多いでしょう。

1.AFAM所属機関

音楽院

・国立音楽院
Conservatori di musica 59校

・国立音楽院に準じる同等の音楽学校(公立、私立)
Istituto speriore de studi musicali(高等音楽学校) 18校

イタリア教育大学研究省 国立音楽院リスト【イタリア語】
イタリア教育大学研究省 Istituto speriore de studi musicali(高等音楽学校)リスト【イタリア語】

美術院

・国立美術院
Accademie di belle arti  20校

・国立美術院に準じる同等の美術学校等(公立、私立)
Accademia di belle arti legalmente riconosciuta(認可美術アカデミー)  23校
Istituto superiore per le industrie artistiche(高等美術工業学校)  4校

イタリア教育大学研究省 国立美術院リスト【イタリア語】
イタリア教育大学研究省 Accademia di belle arti legalmente riconosciuta(認可美術アカデミー)リスト【イタリア語】
イタリア教育大学研究省 Istituto superiore per le industrie artistiche(高等美術工業学校)リスト【イタリア語】

これらのAFAM所属機関は第一レベル、第二レベルにわかれています。専攻コースに登録し、必要な単位を取得して卒業試験に合格すると学位を取得できます 。

第一レベルは学士課程にあたります。進学には、後期中等教育(高校)またはそれと同等の海外の教育機関の修了証明書と入学試験が必要です。第一レベルを修了するための必要単位数は180単位です。3年間の課程において、方法論と技術を幅広く学ぶことができ、専門家としての必要なスキルを身につけることができます。修了すると、Diploma Accademico di Primo Livelloが取得できます。

第二レベルは修士課程にあたります。進学にはAFAM第一レベルまたはそれと同等の海外の芸術教育機関の修了証明書と入学試験が必要です。修了のための必要単位数は120単位です。職業芸術家としての高いレベルの教育を受けることができます。修了すると、Diploma Accademico di Secondo Livelloが取得できます。

第三レベルは博士課程にあたります。進学にはAFAM第二レベルまたはそれと同等の海外の芸術教育機関の修了証明書が必要です。最低で3年間在籍しなければなりません。取得必須単位はありませんが自主性が求められ、高度な内容の研究活動を計画し実現する必要があります。第三レベルは一部のAFAM所属機関にのみ設けられています。修了するとDiploma accademico di formazione alla ricercaが取得できます 。

AFAM所属の私立美術学校のなかには、5年間の一貫課程としてコースを設けているところもあります。また、サマーコースを設けている学校もあります。

外国人学生の入学条件と手続き

音楽院・美術院の第一レベルへの入学は、日本の高等学校を卒業し、9月初旬~10月上旬に実施される入学試験(イタリア語、専攻実技)に合格しなければなりません。
第二レベルは、日本の4年制大学を卒業し(学士号取得)、同じく9月初旬~10月上旬に実施される入学試験(イタリア語、専攻実技)に合格しなければなりません。
第三レベル は、第二レベルを修了しDiploma Academico di II livelloあるいはそれと同等の教育機関の修了証明書を取得していなければなりません。一般的にイタリア語の能力は、中級以上のレベルが求められます。また、18 歳以上で出願条件を満たしていれば出願は可能で、年齢の上限は設けられていません。 
出願手続きはイタリア文化会館を通じて行います。その後、ビザを申請・取得してイタリアに渡り、各教育機関が定めた試験日に受験します。入学試験に合格した後、教育機関の窓口に必要書類を提出して、入学手続きを完了させます。

*EU域外に居住する学生にはコース毎の人数枠があり、枠に空がなければ出願できません。人数枠は毎年春にイタリア教育大学研究省のウェブサイトで発表されます。

サマーコースについて

サマーコースなどの短期間のコース は、厳しい入学条件を定めている学位取得コースと比べ、初心者にも広く門戸が開かれています。学校によっては、18歳以上、高校卒業資格者などの条件があります。応募人数が募集人数枠を超えた場合、書類専攻があるコースもあります。開講期間は数週間が一般的で、高度な専門知識やイタリア語の能力がなくても受講できる場合が多いです。実技クラスのほかにイタリア語のクラスを設けているコースや、英語のみで授業を行うコースもあります。通常、コース終了時には認定証や単位(ECTS)が授与されます。入学手続きは、ウェブサイトやEメールで行います。

【サマーコースを提供する学校例】
Rome University of Fine Arts サマーコース
Accademia Belle Arti Macerata サマーコース

コース例

例1:音楽
学校名 ミラノ“ジュゼッペ・ヴェルディ”音楽院(Conservatorio di musica  "Giuseppe Verdi" di Milano)
コース名 Triennio di I Livello(第一レベル)
Biennio di II Livello(第二レベル)
■ジャンル
クラシック、ジャズ、音響技術
■専攻
木管楽器、金管楽器、弦楽器、ピアノ、ハープ、ギター、オルガン、チェンバロ、リュート、ヴィオラ・ダ・ガンバ、声楽、打楽器、作曲、指揮、室内楽、ジャズ、音響技術、音楽学、ブラスバンド(指揮、作曲、楽器)
条件 第一レベルの入学資格:高等学校卒業、イタリア語能力
第二レベルの入学資格:学士号取得、イタリア語能力
期間 第一レベル:3年間
第二レベル:2年間
※入学時期は10月
言語 イタリア語
価格 第一レベル:400~1,000ユーロ/年
第二レベル:600~1,500ユーロ/年
HP http://www.consmilano.it/

例2:美術
学校名 ボローニャ美術院(Accademia di Belle Arti di BOLOGNA)
コース名 Primo Livello Triennale(第一レベル)
Secondo Livello Biennale(第二レベル)
■ジャンル
ヴィジュアルアート、アートコミュニケーション・美術教育、応用美術
■専攻
絵画、彫刻、グラフィックアート、美術・環境装飾、アートコミュニケーション・美術教育、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、服飾デザイン、映画・テレビ写真、舞台美術など
条件 第一レベルの入学資格:高等学校卒業、イタリア語能力
第二レベルの入学資格:学士号取得、イタリア語能力
期間 第一レベル:3年間
第二レベル:2年間
※入学時期は10月
言語 イタリア語
価格 第一レベル:350~650ユーロ/年
第二レベル:530~830ユーロ/年 
HP http://www.ababo.it/ABA/

2.AFAM所属でない私立の教育機関

音楽を学べる機関

イタリア国内に多数存在する音楽系専門学校や語学学校に併設された学校や特別コースで学ぶことができます。コースはピアノ、弦楽器、管楽器、室内音楽、オーケストラ、作曲、歌など多岐に渡ります。イモラ国際ピアノアカデミーのように試験に合格しないと入学できない、プロの音楽家を養成する高いレベルの機関から、初心者も受け入れる学校までさまざまな種類があります。
一部の専門学校では、イタリア教育大学研究省によって認定された「学位取得コース」(AFAMと同等の学位を取得できるコース)を開講しているところがあります。該当する学校のリストはイタリア教育大学研究省のWEBサイトで確認できます。
学生ビザの取得が可能か否かは、個別に確認する必要があります。

イタリア教育大学研究省のウェブサイト(学位取得コース開講機関リスト)【イタリア語】

アンケートのページには、初心者も対象としている音楽系専門学校1校へのアンケートを掲載しています。

美術を学べる機関

美術系専門学校、美術工房、語学学校に併設された学校や特別コースなど種類は多岐に渡っており、プロの美術家を養成する学校として高度なイタリア語力や美術的技術を求められる学校から、初心者でイタリア語力がない学生にも門戸を広げている学校 もあります。小規模な学校が多いため、丁寧に教えてもらえるというメリットがあります。1日、1週間、1年、2年と、設定コースの期間は学校によって異なります。
一部の専門学校では、イタリア教育大学研究省によって認定された「学位取得コース」(AFAMと同等の学位を取得できるコース)を開講しているところがあります。該当する学校のリストはイタリア教育大学研究省のWEBサイトで確認できます。
学生ビザの取得が可能か否かは、個別に確認する必要があります。

アンケートのページには、初心者も対象としている美術工房の2機関のアンケートを掲載しています。

外国人学生の入学条件と手続き

入学条件は学校によって異なります。高校卒業と同等の資格を有し、試験に合格しなければ入学できない学校もあれば、入学可能な年齢の下限を定めている学校もあります。一方で、特に条件を定めていない、初心者でも入学可能な学校もあります。
手続きに関しては、AFAM所属機関と比べると複雑ではありません。オンライン、あるいはファックス、郵送で行ないます。入学願書など申請に必要な書類は通常、各学校のウェブサイトからダウンロードできます 。ビザ発行のための受入れ証明書を発行してくれる学校については、日本のイタリア大使館でビザ申請を速やかに行います。

このページの先頭へ戻る