海外留学情報

国・地域から調べる

2011年10月7日更新

ここから本文内の内容です

中国

アンケート

1. 調査の概要
日本学生支援機構では、平成22年度に「中国留学経験者の追跡調査」を実施しました。
これは、中国留学経験者の実態、留学情報収集の方法、留学後の進路について重点的に調査を行い、中国留学のみならず広く留学希望者の留学準備において、また、当機構及び関係機関での情報提供業務において、参考となる日本語資料として利用することを目的としたものです。
このたびの調査結果の概要は、次のとおりです。
 
【調査方法】 インターネット調査
当機構インターネットにて回答者募集、及び日本及び中国の大学、大使館、奨学金団体等の協力機関からの紹介を併用
【調査対象者】 過去10年以内に中国留学経験のある一般個人(調査当時留学中の者も含む)
【有効回答者数】 181件
【調査実施期間】 2011年2月28日~3月25日
【調査内容】 「留学の実態」、「留学準備」、「現地での生活」、「留学後の状況」という調査項目について結果を集計。
2. 結果の概要
結果の概要は主に以下のとおりです。
留学先での主な勉強内容・専攻分野(Q11)
●勉強内容は「語学」が7割強、次いで「漢語本科(外国人コース)」が約2割
 「専門分野」を学んだ者のうち、専攻分野が「漢語本科(中国語専攻、外国人学士号コース)」の場合が多かった。
 「漢語本科生」が中国へ留学した理由として多く挙げたのは、「中国語が学びたいから」(9割弱)、「中国が好きだから」(4割弱)、「留学費用が安いから」(3割弱)である。一方、「将来の就職に有利だから」という理由は1割弱に留まった。
次に多かった専攻分野は「経済学」であったが、これらの回答者が中国へ留学した理由として、「中国語が学びたいから」(5割強)、「希望する分野の先進・専門的な国だから」(3割強)、「将来の就職に有利だから」(3割弱)、「在籍校の奨学金がもらえたから」(3割弱)を多く挙げた。また、「取得資格」別では、「特に取得していない」や「コースの修了証明書」といった学位取得外の「非学歴留学」が全体の5割、次いで中国人学生と共に授業を受ける「本科(学士号)」課程に在籍した者が約2割であった。
留学前に困ったこと・大変だったこと(Q19)
●留学前に大変だったことは「留学計画・進路の決定」や「学校情報収集」
上記以外に困ったこととして大学生が挙げたのは、「就職活動との兼ね合い」と「その他現地情報収集」であった。また、社会人留学生は「特にない」が最多で、次いで「語学習得」であった。

登校

なお、「留学計画の決定」に関しては、留学時間は限られているので、帰国後の自分に備えるためにも、目的意識を持ち「なんとなく勉強しているような気になる」ことを避けるべきという声が回答者から多く挙がった。
また、実際の留学ではだらけてしまいがちになるため、気をつけてほしいという意見と、焦る必要はないのでマイペースにという意見の双方があった。
以上を参考に、バランスよく計画を設定していきたい。(詳しくは「中国留学経験者からのアドバイス」にまとめて掲載している。)
自分で中国留学の手続きを進められるのか(Q43)
●留学手続きを自ら行った者は全体の約5割強(55%)
斡旋業者を「利用していない」というのは自分で留学手続きを行っていたと解釈されるが、その内訳は、社会人留学生の7割強、また、在学中留学生の約半数が斡旋業者を頼らなかったようである。
「留学の種類」別では、自ら手続きをした者は、「語学留学」で5割弱、「語学+専門」および「専門のみ」の留学生はそれぞれ約7割。
「斡旋業者・代行会社」のサービスを利用した者に関して、「学部生」がこれらのサービスを利用した割合が約7割弱と最も高く、その内の大多数は「語学のみ」の留学を「6ヶ月~1年未満」した者であった。
なお、自分で手続きをすること、留学斡旋業者の利用、人任せにせず自分で情報を集めることについて、回答者から代表的な声が挙がった。(詳しくは「中国留学経験者からのアドバイス」にまとめて掲載している。)
アンケート回答者の皆様にとくに多くいただいたタイプのコメントを紹介します。
留学前の不安
  • 不安もあるかも知れませんが、それ以上に得る物が大きいです。挫折しそうになる時もありますが、苦しみを乗り越えた時の達成感は言葉に出来ない喜びがあります。頑張ってください。でも無理は禁物です。健康あっての留学だと思います。
  • 留学する前は、不安などがあるかと思いますが、留学中に起こる全ての事象を、マイナスに受け止めない事が大事だと思います。何事も経験が大事なので、とりあえず経験する事です。
  • 中国には何でもあります。そんなに不安になることはないと思います。何が必要かと言えば、自分の意見をはっきり言える勇気だと思います。目に見える物よりも、しっかりした気持ちを持つことが重要だと思います。
目的意識は持った方がいい
  • 就活の時期に、中国語の強さを知ることになると思うので、それを念頭に、しっかりと自分の強みとしての語学を身につけられる留学にした方が良いと思います。僕の住んでいる県は地方都市ですが、それでも十分に中国語は強みとしてアピールでき、念願の就職希望先に入ることができました。また、中国は日本より物価が低い分、遊びがちになる人もいましたので、周りに流されず、やはり自分の目的をしっかりと持ち、自分を高め続けることが、帰国後の自分につながると思います。
  • 語学力の進捗も漢字をみて分かった気になってしまいがちですが、半年/一年の語学研修生レベルではそこそこ日常会話が交わせる程度で、ビジネスでは使えないと思います。留学生生活だけで仕事で使うまでのレベルに持っていくには、相当な自身のモチベーション維持と経済力とのせめぎ合いになると思いました。
  • 留学して実感したのは「留学しただけでは語学は上達しない」ということです。楽観的な意識では失敗すると思います。
  • 留学は思っているよりもすぐに終わってしまいます。後悔のないように!
留学斡旋業者の利用について
  • 中国留学はビザや資金面から考えても難しくないので、斡旋団体を利用しなくても、十分手配が可能です。かえってそれくらいできないと、現地にいってからが困ると思います。
  • 何事も日本のように丁寧に対応してはくれません。準備段階から文化の違いになれておくほうがよいと思います。
また、全文はこれから留学する方へのコメント(PDF)よりお読みいただけます。

これから留学する方へのコメント(PDF:236KB) ※PDFファイルを新しいウインドウで表示

注: 本集計結果では、回答を多かった順に並べかえて掲載しています。
注:「集計・分析結果」においては回答を多い順に並べかえて記載しておりますのでご注意ください。また、内容についてご不明な点がありましたら、下記連絡先までお問い合わせください。
留学生事業部 留学情報課
TEL 03-5520-6111  infosa●jasso.go.jp (●→@に変更)

このサイトのPDFファイルを閲覧・ダウンロードするためにはAdobe Readerが必要です。
下記のサイトよりプラグインを入手してください。(無料)

Adobe Readerのダウンロードリンク

※リンク先を新しいウインドウで表示

この国の外国政府等奨学金を見る

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る