海外留学情報

国・地域から調べる

2007年6月15日更新

ここから本文内の内容です

韓国

アンケート(大学院4)

北村 唯司さん
(2006年3月アンケート記入)

留学先について

【語学研修】
大学名:高麗大学校 韓国語文化研究院
留学期間:1988年 3月~1989年 2月
受講レベル:初級 ~ 上級
【大学院】
学校名: ソウル市立大学校修士・博士課程
留学期間:1994年 3月~ 2004年 2月
専攻分野:韓国語学
留学の動機
なぜ韓国に留学しようと思いましたか?
当時は韓国語を本格的に勉強する人があまり多くなかったから。
留学前の準備期間
留学を思い立ってから実際に出発するまでどのくらいの準備期間が必要でしたか?
あまりよく覚えていませんが、半年ぐらいだったと思います。
韓国語の勉強方法
日本で韓国語をどのようにして勉強しましたか?どの勉強方法が一番効果的だったと思いますか?
大学の選択科目として少し勉強しましたが、文字と発音程度です。
(韓国で語学研修を受けた方へ)日本で勉強する場合と比較して、良い点と悪い点はなんですか?
日本語を使ってごまかしがきかない環境で、朝から晩まで韓国語に浸れることが良い点でした。ただ、文法的なことや表現の細かいニュアンスなどの説明が足りないことがありました。
情報収集方法
どのようにして情報を得ましたか?
主に知り合いを通して情報収集しました。
現地の学校への問い合せ
学校へは何(E-mail、ファックス、電話)で連絡を取りましたか?
知り合いが韓国にいたので、代わりに連絡を取ってもらいました。
その際に困ったことはありましたか? それをどのように解決しましたか?
特になかったように思います。
学校のカタログ・出願書類
郵送、学校に直接出向いて受け取りなど、どのように入手しましたか?
知り合いを通して入手しました。
出願
出願時にどのような書類を提出しましたか?
あまり覚えていませんが、入学願書、身元保証書など。
書類を準備する上で苦労したことはありましたか? それをどのように解決しましたか?
身元保証書は身元保証人と公証役場へ行く必要がありました。
韓国語能力
出願時に韓国語能力は要求されましたか?
どのくらいのレベルをどのような形で(面接、韓国語能力試験など)提示しましたか?

大学院の場合は国文科の留学生として私が初めてでしたので、入学時の筆記試験はなく、指導教官との面接がありました。韓国語の運用能力をテストされ、研究計画などについて質問されました。
出願・入学資格
現地で入学試験を受けましたか?どのような試験を受けましたか?
上記を参照ください。
ビザの取得
当初入国時のビザの種類は何でしたか?申請時にどんな書類の提出を求められましたか?
申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?

研修ビザだったと記憶しております。詳しくは忘れてしまいました。
現地でビザを延長・変更した場合、どのような書類を提出しましたか?学校は手伝ってくれましたか?
申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?

在学証明書や入学証明書、それから身元保証書などであったと思います。学校が手伝ってくれることはありませんでした。
保険・医療・予防接種
(韓国の国民保険、韓国の民間保険、日本の保険など)保険は入りましたか? 
保険料はいくら払いましたか?

出国の際に当時のシグナ保険に入りました。保険料までは覚えていません。
日常生活
1週間の大体の生活パターンを教えてください。
★表

(特記事項等)食事は朝以外ほぼ外食。それが楽しみのひとつ。
学校生活
現地の授業と日本の学校(大学)の授業の進め方に違いはありましたか?教授・先生の教え方や授業内容に満足していましたか?
課程や科目が違うので、一概に比較はできませんが、韓国の方が学生に課題や発表などを多くさせ、積極的に授業に参加しないとついていけないというところがあります。
学校の施設(図書館、コンピュータールーム、カフェテリアなど)は充実していましたか?
韓国の大学生は基本的に一日中大学(教室や図書館など)にいるので、図書館の閲覧室やカフェテリアなどは、綺麗さはともかくとしても実用的にできていたと思います。
留学生の中で、日本人の割合はどのくらいでしたか?
先程も述べましたが、大学院では私が最初の留学生でした。翌年から中国籍の韓国人(いわゆる朝鮮族)の学生が数人入って来るようになり、日本人も私の後、3人ほど入ってきました。学科全体の大学院生が1学年で10人ほどで、そのうち留学生は1人いるかいないかでした。
クラス外の活動(クラブ、サークルなど)に参加しましたか?どのような活動をしましたか?
正式なサークルではありませんが、学科の学生に日本語を教えたりしました。
韓国人学生とどのようにして交流を深めていきましたか? 大変だったことはありましたか?
図書館で一緒に勉強したり、食事したりしました。私が大学院留学生1号だったこともあり、学生たちの私に対する関心も高く、それが人間関係でプラスになることもありました。マイナスの面と言えば、外国人ということで指導教官がひいき目に見てくれたのか、同じことをしても韓国人学生よりも褒められたりすることが多かった気がします。それで他の学生からねたみを買ったりもしました。
日本人留学生とどのように接していましたか? 大変だったことはありましたか?
私にとっては後輩にあたる留学生たちばかりでしたが、定期的に一緒に食事をしたりしていました。
他国の留学生とどのように接していましたか? 大変だったことはありましたか?
朝鮮族の留学生たちでしたが、授業の時以外にはほとんど会うことはありませんでした。
日本で得ていた情報と食い違っていたところはありましたか?
特に該当するようなことはなかったように思います。
宿泊施設
韓国到着後はじめに選んだ宿泊施設は何でしたか?
下宿でした。
なぜ、上記の宿舎を選びましたか?
食事がついて、価格も適当だったからです。
引越しをした場合、現地でどうやって宿泊施設を探しましたか? 選んだ際のポイントは?
主に無料情報誌(日本の「ぱど」のようなもの)を利用しました。場所と価格です。
トラブル(賃貸契約、大家や同居人との文化の違い等から生じた誤解やいさかいなど)はありましたか?その際、どのように対処しましたか?
いわゆる「専貰(チョンセ)」で借りていた時には、次の入居者が決まらないと出て行けないところがあり、なかなか入居者が決まらない時は大変でした。
現地の食事事情
普段、どこ(下宿、自炊、学校の食堂、レストランなど)で食事をしていましたか?現地の食事・食材で苦労したことはありましたか?日本の食材を手に入れることはできましたか?
下宿していた時は朝夕は下宿で取り、昼だけ外食していました。自炊していた時は朝は簡単に家で食事をして、昼と夜はほとんど外食でした。
現地の食事・食材で苦労したことはありましたか?
やはり唐辛子を使った料理が大半なので、唐辛子を使っていない料理の数が限られており、長く住む日本人にはけっこう辛いものがあるかもしれません。
日本の食材を手に入れることはできましたか?
ほとんど入手困難でした。日本の実家からときどき小包で送ってもらっていました。
留学費用・お金の送金方法・管理方法など
学費とその他に学校に支払った諸経費はいくらでしたか?
学費は1学期(6ヶ月)100万ウォンほどでした。
学費以外の生活費(住居費、食費、光熱費、教養・娯楽費など)は、だいたいどのくらい必要でしたか?
下宿代は月40万ウォンほど、その他生活費は月30万ウォンほどだったと思います。
お金をどのように管理していましたか?日本からの送金が必要な際、どのように送金してもらいましたか?
銀行に預金していました。送金してもらう時は銀行を通して送ってもらっていました。
医療
現地で病院に行ったことはありますか?大学内の医務室や付属病院で医療サービスを受けることは可能でしたか?
学生時代にはほとんど行った記憶がありませんが、風邪を引いたりして、大学内の医務室を利用したことが1,2度ありました。仕事をしている時には病院に何度か行ったことはありますが、現地の医療保険に入っていましたので、それで処理しました。
現地での各種相談先
学校内・学校外で問題があったとき、誰に相談しましたか?
学内では学科の友達や指導教官。学外では親しい友人。
治安
現地の危険地帯情報をどのようにして収集しましたか? またどのような防犯対策をしていましたか?
戸締まりをしっかりすることと、窓などには補助鍵みたいなものを付けていました。
盗難などを含む犯罪に巻き込まれたこと(または聞いたことは)はありましたか?
その際どのように対処しました(と聞きました)か?

一度、隣の部屋に空き巣が入ったことがありましたが、窓から侵入していました。窓の防犯鉄網や補助鍵をしっかりと取り付ける対処をしていました。
通信関連
パソコン、携帯電話、インターネットの現地での利用はどうでしたか?
韓国は幸いにもIT関係で進んでいる方なので、日本と同等、あるいはそれ以上のサービスを受けることができました。
帰国後の進路
就職活動はどうしましたか?留学を現在の学業・仕事にどのようにいかしていますか?
知り合いを通して大学の非常勤講師として就職しました。留学時代に学んだことを基本にして教えています。
後輩へのアドバイス
留学準備と留学生活を振り返って、「日本にいる間にしておけば良かった」と思うことはありますか?
特にありません。

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る