海外留学情報

国・地域から調べる

2007年6月15日更新

ここから本文内の内容です

韓国

アンケート(大学院3)

谷口 晋さん
(2007年2月アンケート記入)
留学先について
【大学院】
学校名:高麗大学校 国際大学院 修士課程
留学期間:2006年9月~2008年6月(予定)
【語学研修】
学校名:高麗大学校 国際語学院
留学期間:2004年9月~2005年6月
受講 レベル:2級~5級(但し、3級は飛ばしました)
留学の動機
なぜ韓国に留学しようと思いましたか?
英語で講義を受ける大学院等への留学の場合、なぜ他の英語圏の国ではなく韓国を選びましたか?

大学校付属語学堂での留学を終えて帰国する際、まだ自分は韓国に関する知識が足りないということと、
ただなんとなく「韓国が好き」で、ある程度は「韓国語ができる」という人なら、日本中にいくらでもいると思い、
もう一段深い学びを行いたいと感じました。
私の場合、英語での講義が目的ではなく、
韓国に関することを学べる大学院を探した結果、その大学院が英語で講義を行うところだった、というだけです。
留学前の準備期間
留学を思い立ってから実際に出発するまでどのくらいの準備期間が必要でしたか?
入学許可を得るまでかなり待たなければならなかったので、1年2ヶ月かかりました。
韓国語の勉強方法
日本で韓国語をどのようにして勉強しましたか?どの勉強方法が一番効果的だったと思いますか?
大学(国際基督教大学)の授業を履修しました。
先生方にも恵まれ、とても楽しく勉強できたのがよかったと思います。
また、歌を聴いて、辞書を引きながらその歌詞を和訳してみるなどして、自主的に勉強していました。
「韓国語ジャーナル」という雑誌も購読していました。
(韓国で語学研修を受けた方へ)日本で勉強する場合と比較して、良い点と悪い点はなんですか?
時間的、金銭的に余裕があるなら、韓国にきて勉強することに関して「悪い」ことはないと思います。よい点としては、毎日勉強ができること、周囲に韓国語を使わなければならない文化が存在していること、学校側にもしっかりとしたノウハウがあること、いろいろな国の人と知り合えることなど、多くあげられると思います。
周りにはそれこそ大量に韓国人がいるので、本人の意思次第ではいくらでも韓国語を使う機会があります。ただし、語学堂のクラスメート等とずっと一緒にいるような状況だと、なかなか上達しないようです。いかにして韓国人の中に入っていくか、その勇気を出すか、がポイントだと思います。僕の場合は、下宿とサークル活動が韓国人との主たる交流の場でした。
日本の語学学校に何年も通い続けることを考えれば、韓国に来て勉強するほうが短期的なコストはかかりますが、長期的に見たときには経済的、時間的コストも少なく、効率的な勉強ができるのではないかと思います。ただし、職業を持っている方には、仕事を辞める・休むというマイナス面は小さくないとも思います。
情報収集方法
どのようにして情報を得ましたか?
語学堂で勉強していたときに、同じ建物にある国際大学院の存在はすでに知っていました。
申請方法などは、基本的に全てホームページで情報を得ました。
ホームページ内の質問掲示板で質問をしたことも何度かありました。
現地の学校への問い合せ
学校へはどのような方法で連絡を取りましたか?
メールと電話での連絡は何回かしたと記憶しております。
その際に困ったことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
特にありませんでしたが、メールの返信が多少遅いことがありました。
学校のカタログ・出願書類
郵送、学校に直接出向いて受け取りなど、どのように入手しましたか?
カタログは入手しませんでした。出願書類は、ホームページからダウンロードしました。
出願
出願時にどのような書類を提出しましたか?書類を準備する上で苦労したことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
入学申請書、教授の推薦状(3通・指定フォームあり)、TOEFL成績表(コピー可)、卒業証明書、成績証明書、残高証明書(10,000米ドル以上、英文)、3×4cm写真4枚、Statement of Purpose(英文500語程度で意気込みを書けばOK)、パスポートのコピー、手数料50米ドル
書類を準備する上で苦労したことはありましたか? それをどのように解決しましたか?
ぎりぎりになっていろいろと揃えたので、かなり焦りましたが、余裕を持って行えば問題はないと思います。
韓国語能力
(英語での授業の場合)英語力は、どのくらい要求されましたか?
おそらくTOEFL(CBT)で213点程度(PBTで550、iBTで80)だと思います。
あとはStatement of Purposeを書く際にある程度の英語力を示せれば問題ないでしょう。
出願・入学資格
出願の際に出した書類は?現地で入学試験を受けましたか?どのような試験を受けましたか?
出願書類は上記のとおりです。現地での試験はありませんでした。
ビザの取得
当初入国時のビザの種類は何でしたか?申請時にどんな書類の提出を求められましたか?
申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?

D-2です。入学許可証があれば数日でできました。料金はかかりませんでした。
現地でビザを延長・変更した場合、どのような書類を提出しましたか?学校は手伝ってくれましたか?
申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?

まだ延長する時期になっていません。
保険・医療・予防接種
保険は入りましたか?
日本の保険(生協の共済)のみです。
海外の病気、怪我等でも補償を受けられるかを母に確認してもらい、
カバーされるということでしたので、他の保険には加入しておりません。
日常生活
1週間の大体の生活パターンを教えてください。
★図

(特記事項等)
・木曜日の授業の宿題はとてつもない量で、前の週の金曜日から始めないと終わりませんでした。水曜日にもうひとつ授業を取ろうかと思いましたが、他の学生のアドバイスで諦めました。
・食事は友人と食べることも多かったですが、金銭的にきついときは自炊しました。
学校生活
現地の授業と日本の学校(大学)の授業の進め方に違いはありましたか?教授・先生の教え方や授業内容に満足していましたか?
教授によって英語力に差があります。
また、課題、プレゼンテーションの負荷が多い教授は本当に多いですが、
学期中に短いプレゼンテーションを一度やれば単位をくれるという教授もいるようです。
韓国学は、おしなべてきつい授業が多いです。
学者としては有能でも、教える人間としては不足を感じる教授もいることは確かです。
上記の木曜日の授業は、宿題は非常に大変ですが、その分得るものは多かったです。
学校の施設(図書館、コンピュータールーム、カフェテリアなど)は充実していましたか?
大学院がある建物のコンピュータールームはあまり設備がよくありませんが、
学内全体を見ると充実していると思います。
留学生の中で、日本人の割合はどのくらいでしたか?
学校全体では、留学生は2割くらいといった感じだと思います。
韓国学を専攻する学生は、まず絶対数が少ない(全体で8人くらい)上、外国人がほとんどです。
クラス外の活動(クラブ、サークルなど)に参加しましたか?どのような活動をしましたか?
語学堂に通っている時に大学校の野球サークルに入り、
大学院で戻ってきたときにも同じサークルに入りました。
韓国人学生とどのようにして交流を深めていきましたか?大変だったことはありましたか?
特にこれといってしたことはありません。
一緒に食事をしたり、たまに酒を飲んだり、という程度です。
慢性的な金欠の私にとっては、外食が続く時が一番厳しいです。
サークルでは、飲酒が激しいので、付き合うのがなかなか大変です。
日本人留学生とどのように接していましたか?大変だったことはありましたか?
日本からの留学生はいません。日本人の学部生とは一度食事をしました。
他国の留学生とどのように接していましたか?大変だったことはありましたか?
中国人やインド人が多いですが、どうしても彼らは彼ら同士で固まってしまう傾向が強いです。
それでも、たまに食事をしたり、飲みに行ったりはしています。別段の問題は感じていません。
日本で得ていた情報と食い違っていたところはありましたか?
特にありません。もう少し外国人の学生が多いかなとは思っていましたが、
それは僕の思い込みであって、相手の情報と食い違っていた、ということではないと思います。
宿泊施設
韓国到着後はじめに選んだ宿泊施設は何でしたか?
到着後、3日ほどはバックパッカー用のゲストハウスに泊まりました。
その間に学校周辺で家を探し、今のワンルームに入居しました。
なぜ、上記の宿舎を選びましたか?
当座の宿泊地としては、安く、学校への交通の便もよかったからです。
引越しをした場合、現地でどうやって宿泊施設を探しましたか? 選んだ際のポイントは?
学校の事務室で、近くにいい家はないか、と訊いてみたところ、今の家を紹介されました。
値段は高めですが、学校から近く、清潔で、トイレ、シャワーが共同でなく、自炊が可能だったことから入居しました。
トラブル(賃貸契約、大家や同居人との文化の違い等から生じた誤解やいさかいなど)はありましたか?
その際、どのように対処しましたか?

入居後一月経って、家賃値下げ交渉をしたのですが、その際にかなり言いたいことを言ったら、
一時的に険悪な雰囲気になりました。今は回復しました。
食事事情
普段、どこで食事をしていましたか?現地の食事・食材で苦労したことはありましたか?
日本の食材を手に入れることはできましたか?

基本は自炊、友人といれば外食、外食は学校周辺の食堂やレストランで食べます。
現地の食事・食材で苦労したことはありましたか?
特にありませんが、味噌やしょうゆの味が日本のものと微妙に違います。
日本の食材を手に入れることはできましたか?
ソウルには日本人が多く住む地区があり、その周辺には日本食スーパーもあるそうなので、
手に入れることはできると思いますが、していません。
日本から両親や祖父母が送ってくれたものはたまに食べています。
留学費用・お金の送金方法・管理方法など
学費とその他に学校に支払った諸経費はいくらでしたか?
学費は、1学期あたり500万ウォンくらいだと思います。
それに入学金、保険料等で600万ウォン弱だったでしょうか。
来学期の学費は来月の支払いです。
学費以外の生活費(住居費、食費、光熱費、教養・娯楽費など)は、だいたいどのくらい必要でしたか?
住居費と食費合わせて70~80万ウォン程度。
お金をどのように管理していましたか?日本からの送金が必要な際、どのように送金してもらいましたか?
日本の銀行にお金を入れておき、こちらの銀行にある国際ATMでその口座の預金を引き出しています。
為替レートもそれほど変わらないと思います。こちらの銀行にも口座を作りました。
医療
現地で病院に行ったことはありますか?大学内の医務室や付属病院で医療サービスを受けることは可能でしたか?
行ったことがありません。高麗大学校には付属病院があるので、学生は優遇される制度があると思います。
現地での各種相談先
学校内・学校外で問題があったとき、誰に相談しましたか?
学校内では事務室。学校外では特に問題は発生していませんが、韓国人の友人に相談するのがいいと思います。
携帯電話の購入は、友人と一緒に行ったらかなり値切ってもらえました。
治安
現地の危険地帯情報をどのようにして収集しましたか?現地でどのような防犯対策をしていましたか?
盗難などを含む犯罪に巻き込まれたこと(または聞いたことは)はありましたか?

その際どのように対処しました(と聞きました)か?
特に危険なところはないと思います。できるだけ現金をたくさん持ち歩かないようにしているくらいです。
通信関連
パソコン、携帯電話、インターネットの現地での利用はどうでしたか?
パソコンはラップトップを日本から持参しました
インターネットは部屋に常時接続されている場合が多いです。通信速度は速いです。
携帯電話は、外国人はなかなか契約するのが大変です。プリペイドならすぐに入手できますが料金が高いです。
契約する場合、外国人登録証が発行されるのを待って、LGテレコムで契約するか、SKテレコムで保証金を支払うことになります。
後輩へのアドバイス
留学準備と留学生活を振り返って、「日本にいる間にしておけば良かった」と思うことはありますか?
書類の準備を先手、先手で行うことが大事です。
特に推薦状は教授の都合もありますので、早めにお願いしておくのがいいと思います。
国際大学院の場合でも、授業は英語ですが、学生は基本的に韓国人が多いので、韓国語ができると交際の範囲が格段に広がります。できるだけ韓国語を勉強してから韓国にいらっしゃるといいでしょう。

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る