海外留学情報

国・地域から調べる

2007年6月15日更新

ここから本文内の内容です

韓国

アンケート(大学院9)

崔 昌玉さん
(2007年2月アンケート記入)
留学先について
【大学院】
学校名:ソウル大学校大学院 人文科学部国語国文学科 博士課程
留学期間:2002年9月~2005年2月
留学の動機
なぜ韓国に留学しようと思いましたか?
私は現在もそして今後も現代韓国語の文法を研究するつもりである。
それ故、この留学経験が今後の研究に役立つと考えたからである。
留学前の準備期間
留学を思い立ってから実際に出発するまでどのくらいの準備期間が必要でしたか?
ロータリー財団の国際親善奨学金の申請期間を含めると,約1年の期間がかかった.
韓国語の勉強方法
日本で韓国語をどのようにして勉強しましたか?どの勉強方法が一番効果的だったと思いますか?
神田外語大学において大学一年生から韓国語を勉強し始めた.
一番効果的だった勉強方法は寝る前に,声に出して,ある一定のテキストを読むことである.
もちろん,初期の勉強方法では,文法と単語をしっかりと覚えるのが一番効果的だったように思える.
(韓国で語学研修を受けた方へ)日本で勉強する場合と比較して、良い点と悪い点はなんですか?
常に韓国語を聞いているので,聞き取りの力が伸びるのが良い点であるが、
一方,母語話者の観点から教える韓国語なので,自分なりの解釈を再度しなければならない手間があるのが悪い点である.
情報収集方法
どのようにして情報を得ましたか?
過去にその大学の博士課程に所属していた先輩に相談した結果,
自分が渡韓して,資料を直接取り寄せるのがいいということになり,そのようにした.
ホームページの内容は古い情報が改定されていないこともあるので,自分の足で国際交流部に直接行くことを薦めたい.
現地の学校への問い合せ
学校へはどのような方法で連絡を取りましたか?
メールを利用することが多かったが,どうしても緊急の場合は電話をするか,
あるいは大学に所属している先輩に直接連絡をとってもらった.
その際に困ったことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
一度,言語教育院の願書の締切に間に合いそうにない時,少し遅れても大丈夫かをメールで連絡した.
しかし,すぐには連絡をくれず,その場合はやはり自分で電話をして解決した.
学校のカタログ・出願書類
郵送、学校に直接出向いて受け取りなど、どのように入手しましたか?
私の場合は、直接現地に赴いて入手をした.
出願
出願時にどのような書類を提出しましたか?書類を準備する上で苦労したことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
外国人枠の大学院申請に関する書類一式の他に,その学科を希望する理由を韓国語で明記した自己推薦書を提出した.韓国語に自信がない場合は,母語話者の人に一度,確認してもらうのがいいと思う.実際,私も送る際にはそのようにした.
書類を準備する上で苦労したことはありましたか? それをどのように解決しましたか?
先にも述べたように,日本語を韓国語に訳す段階で,韓国語らしい表現を自分なりに探すのは難しく,母語話者の指摘が大いに役立った.韓国語母語話者の協力を得る体制を自分なりに構築するべきであろう.
韓国語能力
出願時に韓国語能力は要求されましたか?
要求された場合:
どのくらいのレベルをどのような形で(面接、韓国語能力試験など)提示しましたか?

やはり聞き取りができないと授業自体についていけないということから,中級レベル以上のものを要求されたと思う.
要求されなかった場合:
入学後に語学試験・語学研修を受けた場合、正規の授業を受けられるまで、どのくらいの期間がかかりましたか?

最終の6級までは終了しておきたかったが,学校の授業の関係上,4,5級を終えることができる半年間だけ,言語教育院に通った.しかしながら,この期間は私としては適当だったと思う.
(英語での授業の場合)英語力は、どのくらい要求されましたか?
国語国文学科では英語力はそれほど要求されなかった.あえて言うのであれば,英語の文献を読んで韓国語に翻訳し,それを発表するのはかなりしんどい作業だった.言語学に関する英語の文献自体を読むことは,日本でもおこなっていたことだし,それほど苦にならなかった.
出願・入学資格
出願の際に出した書類は?現地で入学試験を受けましたか?どのような試験を受けましたか?
書類については,先に書いた通り,規定のものと自己推薦書を提出した.試験はなかったが,お世話になる指導教授の先生と入学前に面接をし,どのようなことに興味があり,大学院に入ってどのような勉強をしたいかを話した.
ビザの取得
当初入国時のビザの種類は何でしたか?申請時にどんな書類の提出を求められましたか?
申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?

在日韓国人なのでビザを必要としなかった.詳しいことはわからない.
現地でビザを延長・変更した場合、どのような書類を提出しましたか?学校は手伝ってくれましたか?
申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?

私の場合はビザを必要としなかった.ただし,一年以上韓国にいる場合,(韓国籍の)成人男子は兵役の義務があるので,韓国を出国する際はかなり面倒な手続きをとった.これは領事館で判子を一つ押してもらえさえすればすぐに解決する問題である.
保険・医療・予防接種
保険は入りましたか?
奨学金をもらうには保険に加入しなければならず,年間12万円相当の保険に加入して韓国にいった.
日常生活
1週間の大体の生活パターンを教えてください。
★図
(特記事項等)オフの時はよく映画を観にいった.これが楽しみの一つである.
学校生活
現地の授業と日本の学校(大学)の授業の進め方に違いはありましたか?教授・先生の教え方や授業内容に満足していましたか?
博士課程での単位習得数が日本のそれと比べてかなり多いので,忙しく授業に出ていた覚えがある.
また,一クラスの時間が3時間もあるので,集中力を維持するのにかなり苦労した.
学校の施設(図書館、コンピュータールーム、カフェテリアなど)は充実していましたか?
韓国は図書館や他の施設におけるコンピューターの普及が著しいと思われる.
かなり充実したものに感じられた.
留学生の中で、日本人の割合はどのくらいでしたか?
国語国文学科においては,中国から来た人たちが一番に多く,その次に日本から来た人たちが多かった.
留学生の中で大体2割から3割は日本から来た人たちが占めていたと思う.
クラス外の活動(クラブ、サークルなど)に参加しましたか?どのような活動をしましたか?
研究のための留学なのであまりサークル活動には参加しなかったが,
語学研修をしていた時は料理を作ったり,国会議事堂や青瓦台等の見学をしたりして,楽しく勉強できた.
韓国人学生とどのようにして交流を深めていきましたか?大変だったことはありましたか?
自分の研究について質問をしようとしたが,ソウル大の国語国文学科では私がしている研究とは若干異なる歴史的な研究がかなり頻繁におこなわれているために,私と相通じる見解を持っている人に会うことが難しかった.
また,私のまわりの大学院生はお互いにライバル意識が強く、大学において友達関係を築くことは困難だったと思う.
日本人留学生とどのように接していましたか?大変だったことはありましたか?
韓国語を勉強しに来たという自覚があり,日本から来た人同士で頻繁に会うと日本語に慣れてしまうのではという気持ちで,あまり会うことをしなかった.ただし,本当に気があった人だけとは頻繁に意見を交換し,今でも韓国に行けば会っている.大変だったことは特にない.
他国の留学生とどのように接していましたか?大変だったことはありましたか?
日本から来た人たちよりも頻繁に会って話をした.というのも,韓国語を媒介にして話すことができるからである.
特に韓国語の実力を伸ばそうと色んなことをしたが,あえて日本語を話さないような努力をよくしたように思える.
大変だったことは特にない.
日本で得ていた情報と食い違っていたところはありましたか?
言語だけに留まらず,歴史も文化も政治・経済も学部の時に教えてもらった通りのことだった.
しかし,やはり聞くのと見るのでは大違いで,この留学生活が私にとっていい経験になったと思う.
宿泊施設
韓国到着後はじめに選んだ宿泊施設は何でしたか?
旅館だった.
なぜ、上記の宿舎を選びましたか?
旅行をしていた時にすごしやすかったからである.
引越しをした場合、現地でどうやって宿泊施設を探しましたか? 選んだ際のポイントは?
韓国で長いこと住んでいる先輩に手伝ってもらい,安全できれいで少し広い部屋を探した.
結局はコシウォンに住むことになったが,とてもいい部屋だった.
トラブル(賃貸契約、大家や同居人との文化の違い等から生じた誤解やいさかいなど)はありましたか?
その際、どのように対処しましたか?

夏休みや冬休みに日本に長期間帰るので,部屋代を安くしてもらおうと思ったが,その計画はうまくいかなかった.
食事事情
普段、どこで食事をしていましたか?現地の食事・食材で苦労したことはありましたか?
日本の食材を手に入れることはできましたか?

学生食堂を利用することが多かった.理由は比較的おいしいし安いからである.
現地の食事・食材で苦労したことはありましたか?
韓国に行く前はキムチを食べることができなかったが,行って暮らしていくうちに慣れてきた.
それ以来は食生活について特に不便は感じなかった.
日本の食材を手に入れることはできましたか?
時々,日本の友達から送ってもらっていた.食材よりも新刊の小説やCDを送ってもらうことが多かった.
留学費用・お金の送金方法・管理方法など
学費とその他に学校に支払った諸経費はいくらでしたか?
大学院の場合は半期(6ヶ月)が2百万ウォン以上であったし,言語教育院の場合は一学期(3ヶ月)が120万ウォンぐらいであった.現在はウォン高なので,どれくらいの相場であるかは,はっきりとわからない.
学費以外の生活費(住居費、食費、光熱費、教養・娯楽費など)は、だいたいどのくらい必要でしたか?
韓国では段々とチョンセ(最初に一括で部屋代を払い,出る時に戻ってくる家賃システム)がなくなり,
大体がウォルセ(月ごとに支払うシステム)である.私が住んでいたコシウォンは月に35万ウォンの家賃であった.
お金をどのように管理していましたか?日本からの送金が必要な際、どのように送金してもらいましたか?
日本に支店のある外換銀行に口座を作り,そこに送ってもらうようにした.
医療
現地で病院に行ったことはありますか?大学内の医務室や付属病院で医療サービスを受けることは可能でしたか?
大学内の医務室等で治療を受けることができたが,全く利用しなかった.
現地の歯医者を多く利用したが,そこは日本の保険がきくので便利だった.
現地での各種相談先
 学校内・学校外で問題があったとき、誰に相談しましたか?
指導教授あるいは教務補佐員の先生によく相談をしていた.
治安
現地の危険地帯情報をどのようにして収集しましたか?現地でどのような防犯対策をしていましたか?
盗難などを含む犯罪に巻き込まれたこと(または聞いたことは)はありましたか?

その際どのように対処しました(と聞きました)か?
やはり先輩からの情報が有効だった.
防犯対策というよりも,あまり夜には出歩かず,争いの多い場所、特に酒場等にはあまり出かけないようにした.
盗難などを含む犯罪に巻き込まれたこと(または聞いたことは)はありましたか?
その際どのように対処しました(と聞きました)か?

先輩が盗難の被害にあったことを聞いたが,実際にそのようなことはなかった.
先輩は警察に連絡したがあまり協力的ではなかったらしい.
通信関連
パソコン、携帯電話、インターネットの現地での利用はどうでしたか?
私が住んでいたコシウォンではランケーブルだけあればすぐに接続することができた.
また,私 は研究のためにノート型パソコンを持ち込んでいたので不便はなかった.
帰国後の進路
就職活動はどうしましたか? 留学を現在の学業・仕事にどのようにいかしていますか?
すぐに就職はせず日本の大学院に復学した.
就職については,今年の3月に大学院を修了してから,考えるつもりである.
後輩へのアドバイス
留学準備と留学生活を振り返って、「日本にいる間にしておけば良かった」と思うことはありますか?
やはり韓国語の基礎をもっとつけておけばよかったと思う.
もちろん,それなりのものを身につけていったが,どうしても足りない感があった.

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る