海外留学情報

国・地域から調べる

2006年12月作成、2007年7月27日更新

ここから本文内の内容です

フィリピン

アンケート(学部2)

T さん
学部留学
(2006年11月アンケート記入)
留学先について
【学部】
学校名:University of the Philippines, Diliman 理学部数学科
留学期間:2003年6月(開始) ~ 2007年3月(修了予定)
留学の動機
なぜフィリピンに留学しようと思いましたか?
フィリピノ語取得を目的としていない場合(英語を学ぶ、英語で学ぶ)、なぜ他の英語圏の国ではなくフィリピンを選びましたか?

高校卒業後、父の国であるフィリピンで勉強することに興味が湧いたのと、自分のアイデンティティー模索のためです。フィリピノ語、英語の習得ができ、将来の仕事に役立つと思ったからでもあります。
学校・先生によっては英語圏よりも正しい英語を学ぶことが可能であり、物価が安いこともフィリピンを選んだ理由です。
留学前の準備期間
フィリピン留学を思い立ってから実際にフィリピンに出発するまで、どのくらいの準備期間が必要でしたか?
高校3年に入り、大学受験勉強と並行してTOEFLとSATの勉強を始めました。元々英語と数学が得意だったこともあり、準備には長くかかりませんでした。
英語、フィリピノ語の勉強方法
日本で英語、フィリピノ語をどのようにして勉強しましたか?どの勉強方法が一番効果的だったと思いますか?
英語は、TOEFLやSATの参考書を使い独学で勉強したり、分からないことがあれば父親に教わっていました。家庭における両親との会話がフィリピノ語、または英語だったため、聞き取りは問題なく、実生活や大学生活にも早く適応することができました。フィリピノ語、英語から離れて欲しく無いという親の方針が一番大きかったと思います。
情報収集方法
どのようにして情報を得ましたか?
祖母がフィリピン国立大学の卒業生・教授だったため、彼女から資料を郵送してもらっていました。また、自分でもインターネットを使い、学部や大学についての情報を収集していました。
現地の学校への問い合せ
学校へは何(メール、ファックス、電話)で連絡を取りましたか?その際に困ったことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
メールやファックスをしても、返事がなかなか返って来ませんでした。
一番効果的な解決法は、やはり現地に住んでいる人に連絡することだと思います。
在学中、大学の情報を求めて、メールやネットコミュニティー等を利用して僕に連絡をする人が何人かいました。
出願・入学資格
出願時にどのような書類を提出しましたか?書類を準備する上で苦労したことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
英訳した中学と高校の成績証明書、父と自分の出生証明書、願書、
二重国籍者用の書類(永住ビザ用、入管で取得、英語ではRecognition as Filipino)
父の出生証明書や、永住ビザ取得用の書類を取得するため、何度も大阪の総フィリピン領事館に行きました。
現地で入学試験を受けましたか?どのような教科の試験を受けましたか?
一般試験を受けました。英語、数学、科学、フィリピノ語の他、IQテストもありました。
IQテストの点数は、合計点の中で一番配点が高いということを同級生から聞いたことがあります。
ビザの取得(日本での取得と現地での状況):
日本で、フィリピン入国前に取得したビザの種類は何でしたか?申請時に提出を求められた書類はどのようなものがありましたか?申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?
父がフィリピン人であるため、永住ビザの取得をしました。その際に、父親の出生証明書と、父との関係を証明する書類(戸籍謄本や住民票)を大阪の総領事館にて提出しました。総領事館で支払った申請料は覚えていませんが、フィリピン入国後、入管にて永住ビザを取得した際、8,000ペソ支払いました。申請から約3ヶ月で取得できたと思います。
現地の移民局で学生ビザ、Special Study Permit を取得・資格変更した場合、どのような書類を提出しましたか?学校は手伝ってくれましたか?申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?
学生ビザは必要ありませんでした。永住ビザ取得後は、フィリピン人としての扱いで済みました。
保険・医療・予防接種
日本でどのような保険(種類、適用範囲)に入っていましたか?保険料はいくら払いましたか?日本でどのような予防接種を受けましたか?
保険は入っていません。フィリピンの親戚にファミリードクターが就いているため、医療や予防接種は任せてありました。
学校生活
1週間の大体の生活パターンを教えてください。

Tさんのスケジュール

現地の授業と日本の学校(大学)の授業の進め方に違いはありますか?教授・先生の教え方や授業内容に満足していますか?
授業数・時間が日本の大学よりも多いと思います。合格点の設定も高く、毎日勉強しないとついていけません。バイトをしている生徒は少なく、学校以外の勉強時間は日本よりもはるかに長いです。
日本の大学と違い、単位を取ることも、卒業をすることも難しいです。
授業の準備はどのようにしていますか?予習・復習にどの程度時間をかけますか?
授業の前に、リーディングや課題をする程度です。1日2~3時間程度かけます。
授業以外に勉強する際、どんな場所を利用しますか?(自室、図書室、寮自習室、カフェテリアなど)
カフェテリア、大学の庭でリーディングなどをします。暑い日は図書室で勉強をします。
試験はどのように行われますか?試験対策はどのようにしていますか?
中間、期末の他に、課ごとのテストがあります。
試験対策はノートの整理と、過去問題の徹底です。
プレゼンテーションスキルやレポート(エッセイ)作成の際の文法チェックなどの語学サポートは大学で用意されていますか?もしない場合、どのように対応していますか?
文法チェックを行う教授とそうでない教授がいます。
僕の場合、エッセイを出す前、英文科を卒業した祖母にチェックしてもらっていました。
学校の施設(図書館、コンピュータールーム、カフェテリアなど)は充実していますか?
国立の大学で予算が十分で無いため、充実した施設とは言えません。
学校全体やクラスで、留学生の割合はどのくらいですか?留学生の中で、日本人の割合はどのくらいですか?
学校全体では、留学生は1%程度です。留学生の中で一番多い国籍は、韓国人、日本人、中国人、ベトナム人の順でした。毎年20人以上の日本人交換留学生、10人程度の大学院生、数人の正規学生がいます。
クラス外の活動(クラブ、サークルなど)に参加していますか?どのような活動をしていますか?
1、2年の時は、バレーボール部に所属していました。また、学部のサークルにも参加していました。
フィリピン人学生とどのようにして交流を深めていますか?大変だと思うことはありますか?
日本人でありながら、フィリピン人でもありますので、他の留学生に比べると、かなり楽に適応でき、友達もすぐにできました。やはり、現地語で会話をし、交流することが一番大切だと思います。時間の感覚、約束など、日本との文化の違いに戸惑うこともありました。
日本人留学生とどのように接していますか?大変だと思うことはありますか?
授業数が少なく、自由な時間が多い他の日本人留学生が羨ましかったことがあります。
言葉や文化の違いで悩んだり、手続きで戸惑う留学生が多く、彼らを手伝うために時間を費やしたりしたこともありましたが、人の手伝いが好きですし(ただのおせっかい)大変だと思ったことはあまりありません。
他国の留学生とどのように接していますか?大変だと思うことはありますか?
日本とフィリピンの両方の文化に接して育ってきたので、他の文化や人に対しても、すぐに適応できた気がします。大変だと思ったことは殆どありません。寮のルームメートにも恵まれていたと思います。
日本で得ていた情報と食い違っていたところはありますか?
フィリピンの治安は、日本で報道されているよりも悪くなく、僕の印象では、普通に生活している限り危険ではないということです。その他、日本で考えていたよりも、大学の勉強が大変だということくらいです。
宿泊施設
フィリピン到着後初めに選んだ宿泊施設(大学寮、ホームステイ、アパートなど)は何でしたか?どのようにして宿泊施設を探しましたか?
1、2年の頃は祖父母の家から通っていました。
3年次からは、大学内の、外国人留学生・正規学生用の寮に住んでいました。
自分で寮に行き、寮長と話をして、部屋を借りることになりました。
トラブル(賃貸契約、同居人との文化の違いなどから生じた誤解やいさかいなど)はありましたか?その際、どのように対処しましたか?
生活時間の食い違いなどから、寝不足になったり、他の日本人留学生からの相談や飲み会が多くなり、自分の時間が少なくなっていったことです。
現地の食事事情
普段、どこ(自炊、学校の食堂、レストランなど)で食事をしますか?現地の食事・食材で苦労したことはありますか?日本の食材を手に入れることはできますか?
寮の近くのレストランで食べることが多かったです。野菜不足になりがちでした。日本食材店が多くあるので、月に何度かはそこで買い物をしていました。
留学留学費用・お金の送金方法・管理方法など
学費(+その他学校に支払った諸経費)はいくらですか?
フィリピン人と同じ学費でしたし、国立なので、年間で約2万ペソ(約4~5万円)でした。
学費以外の生活費(住居費、食費、光熱費、教養・娯楽費など)は、1ヶ月だいたいどのくらい必要ですか?
1万ペソ(2~2万5千円)ほど必要でした。
お金をどのように管理していますか?日本からの送金が必要な際、どのように送金してもらいますか?
銀行間送金を利用していました。
医療
現地で病院に行ったことはありますか?大学内の医務室や付属病院で医療サービスを受けることは可能ですか?
大体はファミリードクターに行っていました。大学の医務室での医療サービスを受けることも可能です。
現地での各種相談先
学校内・学校外で問題があった時、誰に相談していますか?
親戚、日本人留学生、ルームメートなどです。本当に、周りの人達に恵まれていたと思います。
治安
現地の危険地帯情報をどのようにして収集しましたか?現地でどのような防犯対策をしていますか?盗難などを含む犯罪に巻き込まれたこと(または聞いたことは)はありますか?その際どのように対処しました(と聞きました)か?
NHK海外安全情報やインターネットから収集しました。大金を持ち歩かず、派手な格好をしない、なるべく現地語を話すといったことが大切でしょう。一度だけ、携帯電話の盗難にあったことがあります。自分の不注意でした。
通信関連
パソコン、携帯電話、インターネット(接続について)などの現地での利用はどうですか?
インターネットの接続速度は日本と比べて劣りますが、特に問題はありません。
帰国後の進路
フィリピン留学を現在の学業・仕事にどのようにいかしたいと考えていますか?
英語、フィリピノ語、また大学で学んだ中国語を活かし、得意な数学・計算や、パソコンの知識を活かせる仕事に就きたいと思っています。
後輩へのアドバイス
これまでの留学準備と留学生活を振り返って、「日本にいる間にしておけば良かった」と思うことはありますか?
情報収集を徹底的にすること(現地邦人や留学生への連絡なども含む)と、 語学(英語だけでなく、基本的な現地語)を前もって勉強することです。
フィリピンで留学生活を送る際に、これだけは気をつけておいて欲しい、とこれからフィリピン留学を考える後輩に伝えたいことはありますか?
派手な格好・行動をしないこと、大金や高価な物を持ち歩かないことなどです。
治安や経済面で色々と問題のある国ですが、国民は明るく、初対面の他人に対してもとても親切です。英語を学びたいと考えている人たちにも是非フィリピンをお勧めします。文化や人との密な触れ合いなど、英語圏や先進国で勉強するよりも、何か大切なこと、ものが見えるはずです。

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る