海外留学情報

国・地域から調べる

2006年12月作成、2007年7月27日更新

ここから本文内の内容です

フィリピン

アンケート(大学院)

Aさん
大学院留学
(2006年11月アンケート記入)
留学先について
【大学院】
学校名:University of the Philippines, Diliman ,Social Work 専攻
留学期間:2006年6月(開始) ~ 2009年10月(修了予定)
留学の動機
なぜフィリピンに留学しようと思いましたか?
フィリピノ語取得を目的としていない場合(英語を学ぶ、英語で学ぶ)、なぜ他の英語圏の国ではなくフィリピンを選びましたか?

途上国での社会福祉政策とその実践に興味があり、先進国ではなく、実際に現場が近くにある途上国で学びたいという思いがあった。そういった途上国の中で高等教育が確立されており、またNGOなどの活動も盛んなことからフィリピンを選んだ。
留学前の準備期間
フィリピン留学を思い立ってから実際にフィリピンに出発するまで、どのくらいの準備期間が必要でしたか?
半年程度。
英語、フィリピノ語の勉強方法
日本で英語、フィリピノ語をどのようにして勉強しましたか?どの勉強方法が一番効果的だったと思いますか?
英語:これまで日本で受けてきた学校教育と、その後留学まで(約5年間)の仕事での実践。
フィリピノ語:なし
効果的な勉強方法については分からない。
情報収集方法
どのようにして情報を得ましたか?
情報は、インターネット検索、大学のホームページ、同じ大学に留学したことがある人とのコンタクトで得た。
現地の学校への問い合せ
学校へは何(メール、ファックス、電話)で連絡を取りましたか?その際に困ったことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
大学へはメールと電話にての問い合わせ。大学への電話が繋がりにくく困った。メールアドレスが分からなかったため、現地の知人に大学まで赴いてもらい、メールアドレスを聞いてもらった。その後はメールでのやり取りと電話でのやり取りを平行して行った。
出願・入学資格
出願時にどのような書類を提出しましたか?書類を準備する上で苦労したことはありましたか?それをどのように解決しましたか?
大学の願書はホームページから入手した。念のため、出願前に一度現地を訪れた。出願時に必要だった書類は、願書、成績証明書、推薦状、卒業証明書、出生証明書、TOEFL、パスポートのコピーだった。
出生証明書は日本にはないため、戸籍抄本を英訳した後、公証役場で認証を受けた。
成績・卒業証明書は、外務省での認証の後、フィリピン総領事館で認証を受けた。
現地で入学試験を受けましたか?どのような教科の試験を受けましたか?
入学試験はなし。
ビザの取得(日本での取得と現地での状況):
日本で、フィリピン入国前に取得したビザの種類は何でしたか?申請時に提出を求められた書類はどのようなものがありましたか?申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?
事前のビザ取得はなし。
現地の移民局で学生ビザ、Special Study Permit を取得・資格変更した場合、どのような書類を提出しましたか?学校は手伝ってくれましたか?申請料はいくらでしたか?申請から取得までどのくらいの日数がかかりましたか?
現地到着後、大学の学生課を通して学生ビザである9(f)の申請を行ったが、約5,000ペソを徴収された。必要書類の詳細については忘れてしまったが、ビザ取得には無犯罪証明書が必要だと聞いていたので、日本で予め取得しておいた。取得には、地元県警での申請、その後、外務省とフィリピン総領事館での認証が必要だった。県警での申請には、パスポート、戸籍抄本、住民票、関係機関からの書類(フィリピン総領事館で直接受取が必要)の提出が求められた。また、健康診断書と現地検疫局での認証が必要だった。
現地では、学生ビザの取得申請中に、ビザ不要期限の21日が過ぎてしまったため、現地の代理店を通してペナルティの支払いなどを行った。
結果、ビザ取得までには約1ヶ月かかった。
保険・医療・予防接種
日本でどのような保険(種類、適用範囲)に入っていましたか?保険料はいくら払いましたか?日本でどのような予防接種を受けましたか?
日本で1年間の海外留学用保険に加入した。ケガ・病気など全範囲に対応するもので、年間約10万円かかった。予防接種は、それまで海外にいたため既に受けており(破傷風、狂犬病、日本脳炎、A型肝炎)、追加での接種は行っていない。
学校生活
現地の授業と日本の学校(大学)の授業の進め方に違いはありますか?教授・先生の教え方や授業内容に満足していますか?
日本とは違い、講義重視というよりも双方向の授業。プレゼンテーションやディスカッションに比較的時間を割かれ、日本の授業よりも活発でオープンなところは満足している。
授業の準備はどのようにしていますか?予習・復習にどの程度時間をかけますか?
課される文献の購読や、プレゼンテーション・レポートの準備を予習として行い、授業後は、ノートのまとめと文献の追加購読で復習をしている。
試験はどのように行われますか?試験対策はどのようにしていますか?
試験は全ての教科で行われるわけではない。試験対策として、課題文献の購読と授業の見直しを行っている。
プレゼンテーションスキルやレポート(エッセイ)作成の際の文法チェックなどの語学 サポートは大学で用意されていますか?もしない場合、どのように対応していますか?
大学でのサポートはない。今までのところ、自分自身で行っている。
学校の施設(図書館、コンピュータールーム、カフェテリアなど)は充実していますか?
大学の中央図書館はまだ利用したことがないので分からないが、カレッジの図書館は充実しているので利用している。大学のコンピュータールームは利用していない。カフェテリアはたまに利用する程度。日本とあまり変わりがないと思われる。
学校全体やクラスで、留学生の割合はどのくらいですか?留学生の中で、日本人の割合はどのくらいですか?
私が所属するカレッジでの留学生の総数は分かりかねるが、日本人は現在2名(別の学年)。
クラス外の活動(クラブ、サークルなど)に参加していますか?どのような活動をしていますか?
クラブ・サークル活動には参加していない。
フィリピン人学生とどのようにして交流を深めていますか?大変だと思うことはありますか?
クラスメートと授業や課題を通しての交流がメイン。特に大変だと思うことはない。
日本人留学生とどのように接していますか?大変だと思うことはありますか?
学生寮での付き合いがメイン。日本人留学生の数が多い上、ほとんどが交換留学生のため、勉強に忙しい院生と生活リズムや目的が異なるため、少々摩擦が起こることは否めない。
他国の留学生とどのように接していますか?大変だと思うことはありますか?
学生寮での付き合いがメイン。特に大変だと思うことはない。
日本で得ていた情報と食い違っていたところはありますか?
授業は英語で行われると聞いていたが、特にディスカッションではタグリッシュ(英語と現地の言語であるフィリピノ〔タガログ〕語を混ぜ合わせた言葉)やフィリピノ語の割合が増え、キャッチアップが大変。また、現地での生活には思っていた以上にお金がかかる。
宿泊施設
フィリピン到着後、初めに選んだ宿泊施設(大学寮、ホームステイ、アパートなど)は何でしたか?どのようにして宿泊施設を探しましたか?
知人宅に1週間程度宿泊後、大学寮に移動。寮については、留学していた人たちはホームページで情報を入手。
トラブル(賃貸契約、同居人との文化の違いなどから生じた誤解やいさかいなど)はありましたか?その際、どのように対処しましたか?
大きな問題は特にないが、生活リズムの違いや価値観・常識の違いによるストレスはある。
現地の食事事情
普段、どこ(自炊、学校の食堂、レストランなど)で食事をしますか?現地の食事・食材で苦労したことはありますか?日本の食材を手に入れることはできますか?
平日は学校内の食堂やレストラン、週末は自炊が中心。日本の食材は、お金があればある程度のものは揃う。
留学費用・お金の送金方法・管理方法など
学費(+その他学校に支払った諸経費)はいくらですか?
学費は1学期(半年間)で7~8万円。
学費以外の生活費(住居費、食費、光熱費、教養・娯楽費など)は、1ヶ月だいたいどのくらい必要ですか?
住居費・光熱費・洗濯費・通信費などに1万円、食費に1万5千~2万円、教養費に5千~1万円、娯楽費に5千~1万円、総額3万5千~5万円程度。
お金をどのように管理していますか?日本からの送金が必要な際、どのように送金してもらいますか?
現金・T/Cは必要最低限を部屋に保管。日常生活で必要なお金は、口座のある日本の銀行と提携している現地のATMで引き落としている。
医療
現地で病院に行ったことはありますか?大学内の医務室や付属病院で医療サービスを受けることは可能ですか?
ある。大学のヘルスセンターの利用も可能。
現地での各種相談先
学校内・学校外で問題があった時、誰に相談していますか?
特になし。
治安
現地の危険地帯情報をどのようにして収集しましたか?現地でどのような防犯対策をしていますか?盗難などを含む犯罪に巻き込まれたこと(または聞いたことは)はありますか?その際どのように対処しました(と聞きました)か?
知人やインターネットでの情報収集。犯罪に巻き込まれたことはないが、夜間の一人での外出、多額の現金の持ち歩き、派手な服装などは控えている。
通信関連
パソコン、携帯電話、インターネット(接続について)などの現地での利用はどうですか?
携帯電話とパソコンを使っている。携帯電話は現地到着後に購入、パソコンのインターネット接続は学生寮で一括加入してある。
帰国後の進路
フィリピン留学を現在の学業・仕事にどのようにいかしたいと考えていますか?
日本にせよ海外にせよ、政府機関にせよ非政府組織にせよ、途上国の社会福祉・政策の視点を実践に活かしたい。
後輩へのアドバイス
これまでの留学準備と留学生活を振り返って、「日本にいる間にしておけば良かった」と思うことはありますか?
同じ大学とはいえ、レベル(学部か院か)や専攻・カレッジによって、入学手続きや必要書類、授業の進め方等々が大きく異なるので、実際に同じ専攻で勉強している人に直接コンタクトを取り、情報を入手した方が良い。

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る