海外留学情報

国・地域から調べる

2016年7月更新

ここから本文内の内容です

エストニア

estonia

エストニアは人口130万と、バルト三国の中では最も小さな国です。スイスよりもやや大きな面積を持ち、北欧のバルト海沿岸に位置するエストニアは、広大な原生林と多数の川や湖、澄んだ空気、そしていつでもどこでもインターネットにアクセスできる環境が整った国です。スカイプ発祥の地、エストニアは、世界で最も革新的で ITの利用が進んだ国のひとつとして知られています。
エストニアの北欧文化および言語は、隣国フィンランドと多くの共通点があります。スウェーデンはバルト海をはさんだ西側の一番近い国、そしてラトビアとロシアとはそれぞれ南と東で国境を接しています。公用語はエストニア語ですが、ほとんどの人は英語を理解し話します。

高等教育制度

エストニアの高等教育制度は、学術的教育と職業専門高等教育からなっています。高等教育は主に大学と専門高等教育機関が提供し、3サイクル制になっています。
高等教育のサイクルと学位
  • 第1サイクル
    学士課程の期間は通常3年で、学習量は180ECTS単位に相当します。ただし、4年間で240ECTS単位の学習量が必要な場合もあります。学士課程を修了すると学士号(bakalaureusekraad)が授与されます。
    職業専門高等教育は、専攻科目により通常3~4年の学習期間(180~240ECTS単位)を要し、学習を修了すると職業専門高等教育のディプロマ(rakenduskorgharidusoppe diploma)が授与されます。
    いずれかの第1サイクルの修了後、学生は第2サイクルに進むことが可能です。
  • 第2サイクル
    修士課程は通常1~2年の学習期間を要し、学習量は60~120ECTS単位に相当します。ただし、学士課程の学習と合わせ、少なくとも5年(300ECTS単位)の学習が必要です。
    一般的な第1・2サイクルの構造のほか、医学、歯学、薬学、獣医学、建築学、土木工学の分野は、単一で長期サイクルの学習プログラムになっています。これは通常5~6年の期間を要し、学習量は300~360ECTS単位に相当します。修了時には修士号(magistrikraad)が授与されます。
  • 第3サイクル
    博士課程の期間は通常3~4年で、学習量は180~240ECTS単位に相当します。修了時には博士号(doktorikraad)が授与されます。
ECTS(European Credit Transfer System:ヨーロッパ単位互換制度):
EU諸国の大学では、共通の単位制度ECTSを採用しており、1ECTSは、講義、ゼミ、個人授業(tutorial)、ラボ実習、自習などおよそ28時間の学習から成り、60ECTSが1年間フルタイムの学習を基本的に意味します。

奨学金

DoRa奨学金は、欧州連合(EU)の欧州社会基金より資金提供を受けている制度です。
  • 外国人修士学生対象
    エストニアの大学で英語による修士課程プログラムを履修している外国人学生に、月額350ユーロを給付します(ただし、1学年度中の10ヶ月間)。学生は受け入れ先の機関を通じて申請します。手続きの期限および対象者の選考基準は、受け入れ機関が定めます。
  • 外国人客員博士学生対象
    エストニアの大学で分野に関わらず博士課程の学習プログラムを履修する外国人博士学生に対し、月額422ユーロ(1~10ヶ月間の研究)および留学費用を給付するものです。候補者の選考は受け入れ大学が行います。

お役立ちリンク集

( 一部転載: Study in Europe 欧州留学ガイド 2016.4 )

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る