海外留学情報

国・地域から調べる

2017年11月更新

ここから本文内の内容です

オランダ

お役立ちリンク集

  • Eurydice[英語・フランス語・ドイツ語] ※リンク先を新しいウインドウで表示 Eurydiceは、1980年に欧州委員会(European Commission)と加盟国により設立されたヨーロッパの教育に関する情報ネットワークの名称。ヨーロッパ各国の教育システムなどの情報が掲載されている。
  • Studielink[英語・オランダ語他] ※リンク先を新しいウインドウで表示 Studielinkとは、Surf財団とオランダ政府教育省などが中心になり開発した、高等教育機関オンライン出願システム。高等教育機関への出願を一元化することを目的に作られた。政府助成を受ける全高等教育機関は原則として参加。
  • ボローニャ・プロセス(Bologna Process and the European Higher Education Area[英語他] ※リンク先を新しいウインドウで表示 ボローニャ・プロセスとは、ボローニャ宣言から始まった、ヨーロッパ圏内の高等教育の学術交流促進を目的とし、比較可能な学位制度(学士号、修士号、博士号)やECTS : European Credit Transfer System (単位互換制度)の導入など共通の枠組みを定めた一連の行政会合や合意のことを指す。ヨーロッパ48ヶ国が加盟(2017年9月現在)。
  • ECTS:European Credit Transfer System(ヨーロッパ単位互換制度)[英語他] ※リンク先を新しいウインドウで表示 • ECTSは、欧州各国間の異なる単位制度を尊重しつつ、国を超えて単位を互換できるようにするために設けられた統一的な単位制度。これにより、学生は卒業時期を延ばすことなく、留学できるようになった。60ECTS(単位)が1学年分の学習量に相当し、7段階で評価される。各単位数は、科目修得に必要な学習量に応じて決められ、評価基準に合格することでECTS単位を修得することができる。
  • エラスムス・プラス(Erasmus+)[英語他] ※リンク先を新しいウインドウで表示 • エラスムス・プラスは、2014年~2020年を対象としたEUの教育助成プログラム。日本人は、修士課程のジョイントディグリー、短期留学、ジャン・モネ・プログラムの3つの主要プロジェクトに参加可能。修士課程のジョイントディグリープログラムでは、一度の留学でEU域内の複数国で学ぶことができ、複数の大学の学位を取得できることが特徴で、1年間で最高25,000ユーロの奨学金を受けることができる。

この国の外国政府等奨学金を見る

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る