海外留学情報

国・地域から調べる

2017年11月更新

ここから本文内の内容です

オランダ

渡航に関する手続き

ビザ・滞在許可申請についての最新情報は、留学を希望する教育機関、日本国内の大使館・総領事館や現地の入国管理局に必ず直接確認してください。

日本国籍所持者であれば、90日以内の滞在はビザおよび滞在許可の申請は必要ありません。

90日を超えてオランダに滞在する場合は、入国後8日以内にオランダ入国管理局(IND)で滞在許可の申請を行う必要があります。
ただし、学生の場合、申請は留学先の教育機関が行います。高等教育機関においてはCode of Conductに署名したところでないと滞在許可がおりないため、注意しましょう。
申請については、留学する教育機関にご確認ください。

駐日オランダ王国大使館やオランダ入国管理局(IND)のウェブサイトを熟読するようにしましょう。
留学期間が1年以上の場合、住民票の届けを出している日本の居住地管轄の役所(区役所や市役所)で転出の手続きを取ることにより、国民健康保険および国民年金加入者は、加入を一時的に止めることができます。(2001年より、海外渡航中の治療が保険給付の対象となりました。一定の条件を満たせば、支払った医療費の一部が帰国後に払い戻されます。)
所得税や住民税の扱いは、税務署や勤務先の担当者などに確認してみましょう。

(参考)国民健康保険ガイド ※リンク先を新しいウインドウで表示

この国の外国政府等奨学金を見る

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る