海外留学情報

国・地域から調べる

2017年5月作成

ここから本文内の内容です

コロンビア

『コロンビア留学』は平成28年度JASSO海外高等教育機関調査をもとに2017年3月時点で作成した情報です。
※このページでは、スペイン語の特殊文字や記号は、英語のアルファベットに置き換えています。
コロンビア高等教育機関の種類別学校紹介です。なお、以下の掲載大学等を日本学生支援機構が推薦しているわけではありませんので、ご留意ください。

大学(Universidad)

コロンビア国立大学(Universidad Nacional de Colombia):
コロンビア国立大学は、コロンビア共和国の議会により1867年に設立された国立大学で、コロンビアにおける大学院レベル(修士と博士)のプログラム(Graduate programs)開設の先駆者です。
現在は、329の大学院レベルのプログラムを有しています。その内訳は、152の修士課程プログラム、56の博士課程プログラム、38の専門職課程(Specializations)プログラム、38の医学専門課程プログラムになっています。30の研究機関と29の研究センターも有しており、その軌跡、歴史的な影響、規模や研究能力は非常に高く、コロンビアのみならず南米でも最も重要な大学として広く認識されています。
学生数は、学部43,184名、専門職修士1,435名、医学修士436名、修士6,026名、博士1,469名で、うち留学生数は183名です。
世界の650以上の大学と交流協定を締結しており、日本の大学7校とも協定を結んでいます。(2017年3月現在)

単科大学(Institucion Universitaria)

メデジン都市工科大学(Instituto Tecnologico Metropolitano de Medellin):
約24,000人の学生が通うメデジン市に位置する国立単科大学で、24の学士課程、2の専門職課程、7の修士課程を有し、4分野(芸術・人文学、経済・経営学、精密・応用科学、工学)にわかれています。同校は、様々な分野で高品質な教育を提供しており、教育省から、高品質な教育を提供する高等教育機関として認定されたコロンビアで最初の公立大学機関です。さらに、同校の16プログラムが、ICONTEC*により、高品質と認定されています。
南米や欧州の大学と交流協定を締結していますが、日本の大学との協定は2017年3月現在はありません。

*ICONTEC  (Instituto Colombiano de Normas Tecnicas y Certificacion)は、1963年に設立されたコロンビアの民間非営利組織で、教育・気候変動・健康等の様々な分野での標準化や認証を行う機関。

科学技術機関(Institucion Tecnologica)

コロンビア中央科学技術学校(Fundacion Centro Colombiano de Estudios Profesionales):
コロンビア中央科学技術学校は、非営利で高度な技術を持つ私立の高等教育機関で、コロンビアにおける技術および技術訓練を牽引しています。そのため、教授やその研究活動を通じた社会的要請に対応することを期待されており、エンジニアリング、情報技術および管理の分野で、技術者やプロフェッショナルの専門職を養成しています。
日本の高等教育機関との交流協定はありませんが、コロンビア国内およびブラジルの大学と協定を結んでいます。

職業技術機関(Institucion Tecnica Profesional)

トリマ県立職業技術学校(Instituto Tolimense de Formacion Tecnica Profesional):
経営管理、農政管理、公共会計、電子工学、土木工学、システムエンジニアリング、教育学、経済学等の技術専門家を養成する高等教育機関として、1980年に設立された国立学校です。同校は、地域や国のニーズに応えるために適切な知識や技術を生み出し、知識として伝え、普及することを目指しています。

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る