海外留学のための奨学金

外国政府等の奨学金

2018年9月6日更新

ここから本文内の内容です

ドイツ

DAADドイツの大学における春期講座参加奨学金(HFK)

JASSO協力
「JASSO協力」マークの付いている奨学金は、日本学生支援機構(JASSO)が募集・選考に協力している外国政府等奨学金です。ページの下部に掲載しております「注意事項」も併せてご確認ください。

2019年度 ドイツ学術交流会(DAAD)
ドイツの大学における春期講座参加奨学金(HFK)募集要項


この奨学金は、ドイツ語、ドイツ研究の知識を深めるための奨学金プログラムである。

1.応募対象者
  • 学士、修士、博士課程在籍者。専攻は問わない。
  • 学部生は奨学金開始時までに2年生を修了していること。
  • 国から認可された大学や大学付属の語学コースにおける、ドイツ語とドイツ研究のための講座参加が対象となる。
  • 2019年春期講座研修先は以下の三校:
  1. フライブルク(コースID: HSK-2265)
    Universität Freiburg
    コース名:Deutsche Sprache und Kultur
    開講期間:2019年3月4日-3月29日
  1. ベルリン(コースID: HSK-2392)
    Institut für Internationale Kommunikation in Berlin
    コース名:Deutsch für Studium und Beruf
    開講期間:2019年3月4日-3月29日
  1. デュッセルドルフ(コース ID: HSK-0162a)
    Universität Freiburg, Sprachlehrinstitut
    コース名:Akademikerkurse für Studium und Beruf
    開講期間:2019年3月4日-3月29日
3.待遇
  • 奨学金950ユーロ、旅費補助。旅費補助額は www.daad.de/rkp-hsk_hwk_isk を参照。
  • 健康・傷害・個人賠償責任保険料
  • 原則として受講料と宿泊費は語学研修先機関によって奨学金から直接差し引かれる。奨学生は研修先機関から受講料、宿泊費を除いた金額を受け取ることになる。旅費補助を含む奨学金は国外への送金は行わない。
4.選考
DAADの専門委員によって審査される。選考基準となるのはこれまでの大学の成績、学習テーマと科目選択の点から説得力のある動機付け、またドイツ語能力である。
5.応募条件
  • 奨学金支給開始時の年齢は少なくとも18歳であること。
  • 応募者は奨学金開始時に、母国、もしくは現在勉強している国(ドイツを除く)の大学に学籍登録をしていること。
  • 再応募は可能であるが、HSK、HFK奨学金は一度受けた後、続く2年間は応募できない。
6.語学能力
  • 応募者はドイツ語の講演を理解し、ワーキンググループで共同作業ができる程度のドイツ語能力を有すること。
  • ドイツ語能力は応募時に証明をしなくてはならない。
  • 求められる最低限のドイツ語能力の証明書は1年以内に取得したものであること。B2以上、TDN4以上のTestDaF証明書はこの限りではない。
  • 提出可能なドイツ語能力証明書は次の通り:onSET-Deutsch、TestDaF、Goethe-Zertifikat、DSD、DSH、telc Deutsch、ÖSD
  • DAAD所定書式の語学能力証明書も提出可能だが、あくまでも補足書類のため、必ず上記の証明書のいずれかを提出すること。
  • ドイツ語学・ドイツ文学専攻者は欧州語学力評価基準のB1程度のドイツ語能力、博士課程(後期)在籍者はA1、それ以外の応募者は少なくともA2のドイツ語能力を証明すること。
  • ドイツ語能力証明書を有していない、もしくはドイツ語能力が該当する基準に達していない場合、DAADが提供するonSETを受けることもできる。詳しくは11.参考PDFの『春期/夏期語学研修奨学金応募者のためのonSET受験について』を参照のこと。
7.出願手続
出願はDAADポータルにより行う。春期講座奨学金には専用ページがないため、夏期講座奨学金(HSK)のページから申請する。
  1. DAADポータルでアップロードする書類
  • オンライン願書
    希望コース入力欄には春期講座の選択肢がないため、参加を希望する講座のコースID(2.対象講座、期間を参照)を入力すること。
  • 履歴書(箇条書き。独文)
    小学校に始まる学歴、職歴、研究歴等を空白がないように詳しく記載する。
  • 応募の動機(独文)
  • 卒業・修了証明書のコピー(独文もしくは英文、すでに卒業、修了している場合に限る。)
  • 成績証明書のコピー(独文もしくは英文、過去2年分)
  • ドイツ語能力の証明書
  1. DAAD東京事務所へ郵送する書類
  • DAADポータルで応募申請後作成されるBewerbungszusammenfassungを1部印刷したもの。
  • 応募者の学術的な能力について専門科目を指導する教授が書いた推薦状を1部 (書式はポータルよりダウンロード)。開封無効。
8.応募期限
2018年11月1日(木曜日)(必着)
9.郵送書類提出先
以下の宛先に郵送。封筒に「HFK提出書類」と朱書きすること。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内 DAAD東京事務所

Tel.: (03)3582-5962
〈受付時間〉月曜日~金曜日 10時00分~12時30分、13時30分~17時30分(祝日除く)
E-Mail.: daad-tokyo@daadjp.com
HP: https://www.daad.jp/ja/
10.注意事項
  • 応募者は願書に希望の研修先を複数申請すること。最終的な研修先はDAADによって決定される。講座の受け入れ可能人数には限りがあるため、DAADが研修先変更を指示する場合がある。
  • 応募後の受講講座の変更、中断はできない。
  • 提出期限を過ぎた応募、不備のある応募は受け付けない。
  • 添付書類、書式を含む応募書類の所有権は無償でDAADに帰属するものとする。提出された書類は返却しない。応募者のデータは応募手続きの処理に必要な限り、ドイツ連邦データ保護法とEU一般データ保護規則に則りDAADに保管される。
注意事項
  • 各奨学金の募集内容、応募資格、募集時期、留学先の言語等による書類の作成などに関するご質問は、掲載中の募集要項を熟読の上、要項内に記載しているお問い合わせ先(主に、留学先国側の機関)にお願いいたします。
  • 和文の出願書類に関するお問い合わせについては、日本学生支援機構でも対応しております。なお、和文出願書類の内容は、多くの場合、留学先の言語による出願書類の内容に準じることにご留意ください。
  • 奨学金によって募集時期や日本人の募集の有無が異なるため、ここには募集時期が既に終わっている前年度もしくはそれ以前の要項が含まれています。
  • 日本学生支援機構が募集・選考に協力している奨学金の募集要項については、募集要項が発表され次第、日本国内の4年制大学等に周知されます。
  • 各奨学金の募集要項は、日本政府機関に対し広報協力依頼があった場合に限り、海外留学支援サイトに掲載いたします。新規募集要項の発表の有無については、当ホームページの「募集中の外国政府等奨学金(日本学生支援機構協力)」のページでご確認ください。
  • 募集要項は転送自由です。なお以下の行為は固くお断りいたします。
    1. ファイルの書き換え、内容の改ざん
    2. ファイルの内容を誤解させるような表記とともに通知すること
    3. 旧年度募集要項の転送

このサイトのPDFファイルを閲覧・ダウンロードするためにはAdobe Readerが必要です。
下記のサイトよりプラグインを入手してください。(無料)

Adobe Readerのダウンロードリンク

※リンク先を新しいウインドウで表示

お役立ち関連情報

このページの先頭へ戻る