海外留学のための奨学金

外国政府等の奨学金

2019年3月13日更新

ここから本文内の内容です

ハンガリー

ハンガリー政府奨学金(ハンガリー語・文化)

JASSO協力
「JASSO協力」マークの付いている奨学金は、日本学生支援機構(JASSO)が募集・選考に協力している外国政府等奨学金です。ページの下部に掲載しております「注意事項」も併せてご確認ください。
重要なお知らせ

●2019年3月13日 申請方法と申請書が決定しました。
  • 申請者はgmailのアカウントが必須です。無い場合は申請用に作成してください。
  • 本年はアンケート申請書類を添付したgmailにてTempus Public Foundationの日本担当者宛に申請する事。メールアドレスはgmail以外は受け取り不可、アンケートを記入した日と同日にメール申請をすること等細かい規定があるため再度募集要項を必ず熟読すること(特に4、5ページ(ハンガリー語・文化コース)、3,4,5ページ(研究者コース))
  • 出願書(所定用紙)からダウンロードし、オンライン申請・郵送ともに、用紙を印刷し、署名と日付を記入したものをスキャンして提出すること。


本奨学金に関する問い合わせは、駐日ハンガリー大使館に行うこと。
駐日ハンガリー大使館
〒108-0073 東京都港区三田2-17-14
受付時間 月曜日~木曜日8時30分~17時00分、金曜日8時30分~13時30分(祝日を除く)
Tel:03-5730-7120 Fax:03-3798-8812

 
(お知らせ)

●2019年2月27日:申請期限が延長されましたのでご連絡申し上げます。
【変更前】2019年2月28日(木)午後11時 ハンガリー時間
【変更後】2019年3月26日(火)午後11時 ハンガリー時間

詳細については、下記ウェブサイトを必ず確認すること

https://tka.hu/international-programmes/4133/information-for-applicants
 

ハンガリー画像

2019-2020年度
ハンガリー政府奨学金留学生
Partial/Semester studies(ハンガリー語・文化)コース募集要項

1.課程及び給費期間〔2019年9月1日以降~2020年7月31日〕
  • ​学部・修士レベル(3~10ヶ月)※ハンガリー語・文化のみ
  • 博士レベル(1~10ヶ月)※ハンガリー語・文化のみ
※留学は2019年9月1日以降に開始し2020年7月31日までに終了すること。
2.受入機関
直接希望するハンガリーの大学、大学院等に問い合わせること。
3.待遇等
  • 学部・修士レベル 月額:40,460フォリント
  • 博士レベル 月額(1,2年目):140,000フォリント、(3,4年目):180,000フォリント
※授業料免除
※寄宿舎(費用は奨学生が負担する。)には限りがあるので、事前に受け入れ先に問い合わせること。
※往復の旅費は支給されない。
※ハンガリーに1ヶ月以上滞在する場合は、現行の法律に準じて、緊急時の治療費は無料で受けられるが、留学時に旅行保険に入っておくことが望ましい。
※家族のための優遇措置はない。
4.応募資格
(1)日本国籍を有する者(二重国籍不可)
 (ハンガリーにおいて居住/移住/永住権を持つ者または、それらを申請中の者、ハンガリーで雇用されている者は除く)
(2)健康な者
(3)申し込み時において、18歳以上であること
(4)学部・修士レベル:日本の4年制大学または大学院に少なくとも1学期間以上在籍し、ハンガリー語やハンガリー文学を専攻する者が優先となる
博士レベル:ハンガリー以外の国の博士課程に在籍中で、ハンガリー語やハンガリー文学を専攻する者が優先となる
(5)ハンガリーにおける受入先機関からの受入内諾がある者 
5.出願手続
本年はオンライン申請のみとする。
(1)出願書類:出願書類一覧参照
(2)出願書類提出先
提出書類が足りない者、締切を守らない者は、失格となるので注意すること。
・ユーザーIDとパスワードはなくさないように保管しておくこと。
・申請先が発表されるまでは書類を準備し、Tempus Public Foundationを随時確認すること。発表されたらこちらのウェブサイトでも公開する。
(3)出願書類提出期限
 オンライン申請
 応募締切:2019年3月26日(火曜日)午後11時(ハンガリー時間)
(4)結果発表
結果発表はハンガリー教育大臣の名でTempus Public Foundationより行われ、2019年5月~6月の間に同Foundationのウェブサイトに掲載され、出願者本人にはメールまたは書面で直接通知される。結果に関する一切の問い合わせを受け付けない。
6.留意事項
(1)Tempus Public Foundationウェブサイト 
https://tka.hu/docs/palyazatok/felhivas_be_reszkepzes_2019_20_vegl_elozetes.pdf(Hungarian) 
https://tka.hu/docs/palyazatok/call_in_partial_studies_2019-20_eng_elozetes_mod20190106.pdf(English) 
に掲載されているハンガリー語文または英文の募集要項を必ず熟読し、延期、辞退、不可抗力についての記載、報告書についての記載を含めよく確認をすること。
 ※延期、辞退、不可抗力についてはハンガリー語文または英文の募集要項通りとする。
 ※報告書についてはハンガリー語文または英文の募集要項通りとする。
(2)同時に複数の申請をした場合、一番最後のものを有効とする。時期が重ならなければサマーコースにも別途申請可能であり、ハンガリー政府奨学金全体の予算次第で二つ共受給可能である。同時期にハンガリー政府が支給する別の奨学金を受給する者は、本奨学金の対象外となる。
(3)本奨学金に関する問い合わせは、駐日ハンガリー大使館に行うこと。
駐日ハンガリー大使館
〒108-0073 東京都港区三田2-17-14
受付時間 月曜日~木曜日8時30分~17時00分、金曜日8時30分~13時30分(祝日を除く)
Tel:03-5730-7120 Fax:03-3798-8812
(4)安全で有意義な留学のため、本奨学金に応募する者は志望校等を選定する際及び奨学金留学生に決定し渡航する際には、各自で必ず事前に留学先国・地域の治安状況等の安全情報をはじめとする留学に関する情報を収集すること。
なお、情報収集にあたっては、公的な留学情報機関である「独立行政法人日本学生支援機構」のウェブサイトや海外でのトラブル防止に役立つ世界各国の治安情勢や滞在中の留意点などの安全情報を提供している外務省の「海外安全ホームページ」を活用すること。
以下の書類をオンラインにて申請すること。郵送の必要はない。
部・修士・博士レベル共通(1.~4.)

1.出願書(所定用紙)後日https://tka.hu/international-programmes/4133/information-for-applicantsを確認すること。
2.  在学証明書 卒業見込み時期の記載が必要である。
3.健康診断書
 3ヶ月以内に発行されたもので感染症にかかっていないことが記載されているもの。(英語、ハンガリー語以外のものを自分で翻訳したものは不可)
4.パスポートのコピー(写真と国籍の記載があるページ)
学部・修士レベル共通(5.~8.)※上記1.~4.に加えて提出
5. 志望動機書
 A4用紙1枚~2枚。
6. 大学以上の学業成績証明書(学部)または卒業証明書(修士)
 学士:直近1学期間以上の成績証明書
 修士:学部の卒業証書原本のコピーと英語またはハンガリー語の卒業証明書と直近1学期間以上の成績証明書
(取得見込みの場合は取得見込証明書を提出し、研究開始までに卒業証書を提出すること。)
7. 語学能力証明書
 最低B2以上のハンガリー語の能力。語学テストのスコアを提出、または語学教師等から証明してもらうこと。形式は自由。
8. 受入内諾書 (レターヘッドが入ったものに、学科長及び国際関係を担当する部署名、日付、押印、サインがあること)
 https://tka.hu/docs/palyazatok/appendix_preliminary_acceptance_letter_fogadolevel_urlap.pdfからダウンロードできる。
博士レベル(5.~8.)※上記1.~4.に加えて提出
5. 研究計画書
Tempus Public Foundationウェブサイトに掲載されているWork Plan Templateに沿って作成すること。A4用紙2枚~5枚。
(参照:http://tka.hu/docs/palyazatok/appendix_workplan_template_munkaterv_minta.pdf)
6. 語学能力証明書
語学能力を証明できる最終卒業校の修了証書原本のコピー、語学テストのスコアを提出、または語学教師等から証明してもらうこと。形式は自由。最低B2以上のハンガリー語の能力。
7.  受入内諾書 (ドクタースクール、スクール長の署名を直筆し、日付を記載、押印、サインがあること。正式なレターヘッドを使用すること。)できればhttps://tka.hu/docs/palyazatok/appendix_preliminary_acceptance_letter_fogadolevel_urlap.pdfからダウンロードしたものを使用する。
8. 推薦状(2名分)
学力・研究内容・人物についてよく知る、大学の教授、勤務先の上司等に書いてもらうこと。形式は自由だが、推薦者が署名を直筆し、日付を記載、押印のうえ、可能であれば大学または会社の正式なレターヘッドを使用すること。受入内諾書記入者は不可。6か月以内に発行されていること。
<注 意>
(1)提出するファイルはハンガリー語、英語で記入すること。それ以外の言語で書かれたものについては、公式のハンガリー語訳もしくは英語訳を添付する。公式翻訳とは発行機関の公印とサインが入ったレターヘッドの入ったものとする。
(2)開封無効の学業成績証明書等も開封して提出すること。
(3)提出された書類に不備または不足があった場合、失格とする。
注意事項
  • 各奨学金の募集内容、応募資格、募集時期、留学先の言語等による書類の作成などに関するご質問は、掲載中の募集要項を熟読の上、要項内に記載しているお問い合わせ先(主に、留学先国側の機関)にお願いいたします。
  • 和文の出願書類に関するお問い合わせについては、日本学生支援機構でも対応しております。なお、和文出願書類の内容は、多くの場合、留学先の言語による出願書類の内容に準じることにご留意ください。
  • 奨学金によって募集時期や日本人の募集の有無が異なるため、ここには募集時期が既に終わっている前年度もしくはそれ以前の要項が含まれています。
  • 日本学生支援機構が募集・選考に協力している奨学金の募集要項については、募集要項が発表され次第、日本国内の4年制大学等に周知されます。
  • 各奨学金の募集要項は、日本政府機関に対し広報協力依頼があった場合に限り、海外留学支援サイトに掲載いたします。新規募集要項の発表の有無については、当ホームページの「募集中の外国政府等奨学金(日本学生支援機構協力)」のページでご確認ください。
  • 募集要項は転送自由です。なお以下の行為は固くお断りいたします。
    1. ファイルの書き換え、内容の改ざん
    2. ファイルの内容を誤解させるような表記とともに通知すること
    3. 旧年度募集要項の転送

お役立ち関連情報

このページの先頭へ戻る