海外留学のための奨学金

外国政府等の奨学金

2016年9月21日更新

ここから本文内の内容です

韓国

大韓民国政府奨学金(学士課程)

JASSO協力

以下は過去の情報です。
最新情報につきましては、各国大使館の情報等をご確認ください。

「JASSO協力」マークの付いている奨学金は、日本学生支援機構(JASSO)が募集・選考に協力している外国政府等奨学金です。ページの下部に掲載しております「注意事項」も併せてご確認ください。
1名
学士課程:最長5年間(2017年3月1日~2022年2月28日)
※韓国語学研修1年間、学士課程4年間。 TOPIK5級以上取得者は韓国語学研修が免除され、2017年春学期より学士課程を開始できる。
3.受入機関
  1. 往復航空旅費の支給
    ※最短距離のエコノミークラス航空券または航空運賃を支給する。
    ※日本国内及び韓国国内の移動についての旅費は支給しない。
    ※奨学金支給の最終決定以前に既に韓国に滞在している場合、渡航費は支給しない。
  2. 奨学金:月額800,000ウォン
    ※留学生は学内の寮に居住し、寮費は奨学金から差し引かれる。
  3. 学費:授業料免除(上限5,000,000ウォン)
    ※上限以上の授業料及び入学金は受入大学より免除される。
  4. 渡航一時金:200,000ウォン
  5. 帰国一時金:100,000ウォン
  6. 語学研修費:1年以内の語学研修費
  7. 健康保険あり
    ※歯科または持病の治療は含まれない。
    ※韓国への移動及び韓国からの移動についての保険料は支給しない。
  8. 特別奨学金:月額100,000ウォン(TOPIK5級以上保有者に対し、学士課程在籍中に支給される。)
  1. 日本国籍を有し、大韓民国の市民権を有しない者(両親を含む)
  2. 2017年3月1日現在で25歳未満の者(1992年3月1日以降に生まれた者)
  3. 健康な者
  4. 学歴:高等学校卒業または2017年3月1日までに卒業見込みの者で、すでに学士号以上の学位を取得していない者
    ※韓国の高等学校を卒業または卒業見込みでない者
  5. 成績優秀な者(高等学校での成績がC.G.P.A.80%以上または高等学校の全課程において成績が全体の上位20%以内である者)
    ※C.G.P.A.については、英文募集要項のC.G.P.A. Conversion Tableを参照すること。
  6. 過去に学士課程を対象とした大韓民国政府奨学金を受給していない者
  7. 海外渡航について制限のない者
  8. 韓国語或いは英語能力優秀者は優先的に選抜される
  9. 朝鮮戦争の退役軍人の子孫は優先的に選抜される
  10. 申し込みは、大使館経由か、大学経由かのどちらかに限られる
    ※両方に申し込みをした者は、自動的に選考対象外となる。
  1. 出願書類
    <1>韓国文または英文提出書類…9.韓国文または英文提出書類一覧参照
    <2>和文提出書類…10.和文提出書類一覧参照
  2. 出願書類提出先
    <1>韓国文または英文提出書類:
    駐日大韓民国大使館 教育官室
    (受付:月曜日~金曜日 9時~18時(祝日除く))
    〒106-0047 東京都港区南麻布1-2-5
    (南北線・大江戸線 麻布十番駅 南北線の1番出口より徒歩5分)
    TEL:03-3452-7611~9/03-6400-0646
    FAX:03-3452-7426
    E-mail:education_jp@mofa.go.kr
    <2>和文提出書類:
    独立行政法人日本学生支援機構 留学生事業部留学情報課 (送付のみ)
    〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
    TEL:03-5520-6111(受付:月曜日~金曜日 9時~17時(祝日除く))
    注:出願封筒の表に「2017年度大韓民国政府奨学金(学士課程)留学生出願書類在中」と朱書のうえ、書留または宅配便など配達の記録が残る方法で送付すること。
  3. 出願書類提出期限: 2016年10月21日(金曜日) 17時 必着
  1. 国内選考:書類審査
  2. 国内選考:面接試験
    日時:2016年10月28日(金曜日)
    場所:駐日大韓民国大使館
    ※面接試験の時間については、駐日大韓民国大使館より応募者本人に電話かメールで連絡される。そのため、出願書には必ず連絡の取れる連絡先電話番号とメールアドレスを記入すること。
  3. 最終決定
    国内選考の結果は面接試験の後、2016年11月4日(金曜日)頃に駐日大韓民国大使館より通知される。最終決定は同政府が行い、その結果は大使館から直接本人に通知される(2月上旬を予定)。
  1. 英文募集要項にて、募集内容の詳細・留意事項を必ず確認のうえ、応募すること。英文と和文の募集要項(提出書類一覧)に相違がある場合は英文募集要項の指示を優先すること。
  2. 奨学金受給者は、2017年2月下旬(国立国際教育院が決めた期日)までに韓国に到着しなければならない。
  3. 1年間の語学研修期間後に一定のTOPIKレベル(入学する学校の基準に従うこと)に満たない場合、大学の入学許可に関わらず、学士課程を開始することができない。
  4. 奨学金受給期間中に、留学を中止する場合は帰国旅費及び帰国一時金を支給しない。
    ※韓国へ入国後3か月以内に留学を中止する場合は、全ての支給された奨学金を返還しなければならない。
  5. 志願者が希望する3大学から入学許可が出ない場合、奨学金受給資格は無効となる。
  6. 本奨学金に関する問い合わせは、駐日大韓民国大使館に行うこと。和文出願書類の提出方法については、日本学生支援機構 留学生事業部留学情報課に問い合わせること。
  7. 安全で有意義な留学のため、この奨学金に応募する者は、志望校等を選定する際及び奨学金留学生に決定し渡航する際には、各自で必ず留学先国・地域の治安状況等の安全情報をはじめとする留学に関する情報を事前に収集すること。なお、情報収集にあたっては、公的な留学情報機関である独立行政法人日本学生支援機構のウェブサイト「海外留学支援サイト」や、海外でのトラブル防止に役立つ世界各国の治安情勢や滞在中の留意点などの安全情報を提供している外務省の「海外安全ホームページ」を活用すること。
  1. 出願書(Application for 2017 KGSP for an Undergraduate Degree)(所定用紙:Form1) 4部
    ※英語名はパスポートに書かれている名前と同一のものを記入すること。
    ※住所は郵便番号を含む全てを記入すること。
  2. 誓約書(Pledge)(所定用紙:Form2) 4部
  3. 経歴書(Personal Statement)(所定用紙:Form3) 4部
    学歴、経歴、受賞経歴、所持技能等について詳しく記載すること。
  4. 留学計画書(Study Plan)(所定用紙:Form4) 4部
  5. 推薦状(Letter of Recommendation)(所定用紙:Form5) 各4部
    開封無効。コピー3通も推薦者に依頼して、全てを1つの封筒に入れてもらい、提出すること。
    学校長もしくは教諭、指導教授等2名から書いてもらうこと。
    和文の推薦状を推薦者以外の者が翻訳して使用する場合は、韓国文または英文訳と翻訳者名を明記した用紙に推薦者自身の署名をもらい、和文推薦状のコピーとともに封入してもらい提出すること。
  6. 自己健康チェックリスト(Self Medical Assessment)(所定用紙:Form6) 4部
  7. 高等学校の卒業(見込み)証明書 4部
    ※卒業見込み証明書を提出する場合、韓国到着後、2017年3月1日までに卒業証明書を提出すること。
  8. 高等学校の学業成績証明書 4部
    ※学校の成績制度についての説明があること。学業成績が5.応募資格5.以上であることがわかるよう記載されていること。
  9. 応募者及び両親の国籍を証明するもの(出生証明書、戸籍謄本など親子関係を証明する証明書、パスポートの写しなど) 各4部
  10. 語学能力証明書(ある場合のみ) 4部
    韓国語能力試験(TOPIKのみ有効)または英語能力試験(TOEFL・TOEIC・英検等)のスコア
  11. 写真  4枚
    カラー、横3cm×縦4cm、上半身脱帽、6か月以内に撮影したもの。裏面にローマ字で氏名を記入し、「1. 出願書」(所定用紙)に各々貼付すること。
※国立国際教育院の選考に合格した者は、健康診断書(医師が発行したもの)(所定用紙:Form7)とパスポート(応募者本人のもの)の写しの提出が必要となる。
<注意>
(1)提出書類は全て韓国語または英語で作成すること。
(2)提出書類は原本を提出すること。コピーを原本とする場合は発行機関の証明を得ること。
(3)提出書類は、1~10はいずれも正本1通とコピー3通でよい。「11.写真」のみ正本を4枚用意し「1.出願書」に各々貼付すること。
(4)成績証明書などの各証明書の原本が和文でしか用意できない場合は、原本を公的機関より韓国語または英語に翻訳してもらい、公証(外務省のアポスティーユなど)を受けた書類を提出すること。それ以外の原本に関しては、応募者本人が訳したものでよい。その場合は、理由・翻訳者名を明記し、必ず正本のコピーとともに提出すること(「5.推薦状」は除く)。
(5)書類の右上に上記書類の番号と書類の名前を記入し、1~10(ただし「5.推薦状」は除く)をそれぞれ「1.出願書」記載のチェックリスト順に1部ずつ重ねて左上をホッチキスでとじ、正本1部、コピー3部、計4部作成すること。また、「5.推薦状」4部はとじずに提出すること。正本とコピーは別々に封筒に入れ、正本の封筒には“Original”と記載すること。
(6)出願書類は、A4判に統一すること。A4判より小さいものはA4判の紙に貼り、A4判より大きいものはA4判の大きさに折りたたむこと。
(7)提出書類に記載された名前または生年月日が異なる場合、証明書を添付すること。
(8)提出書類に記載する志望大学は3校まで選択できる。ただし、1校につき1学部(もしくは専攻)のみ選択すること。
(9)開封無効の証明書等も開封してとじること。ただし、「5. 推薦状」は開封しない。
(10)提出書類に不備があった場合、失格とする。
(11)提出された書類は一切返却しないため、応募者本人の控えとしてコピーを取っておくこと。
  1. 出願書 3部
  2. 誓約書 2部
    韓国文または英文提出書類の所定用紙(Form2)のコピーに、和訳を添付したものを提出すること。
  3. 経歴書 2部
    韓国文または英文提出書類の所定用紙(Form3)のコピーに、和訳を添付したものを提出すること。
  4. 留学計画書 2部
    (1)留学の志望理由、(2)留学中の研究計画、(3)帰国後の予定について、A4サイズ2枚程度にまとめる。
  5. 推薦状 各2部
    開封無効。コピー1通も推薦者に依頼して、全てを1つの封筒に入れてもらい、提出すること。
    学校長もしくは教諭、指導教授、所属機関長等2名から書いてもらうこと。
    韓国文または英文の推薦状を推薦者以外の者が翻訳して使用する場合は、和文訳と翻訳者名を明記した用紙に推薦者自身の署名をもらい、韓国文または英文推薦状のコピーとともに封入してもらい提出すること。
  6. 自己健康チェックリスト 2部
    韓国文または英文提出書類の所定用紙(Form6)のコピーに、和訳を添付したものを提出すること。
  7. 高等学校の卒業(見込み)証明書 2部
  8. 高等学校の学業成績証明書 2部
  9. 応募者及び両親の国籍を証明するもの(出生証明書、戸籍謄本など親子関係を証明する証明書、パスポートの写しなど)  各2部
  10. 語学能力証明書(ある場合のみ) 2部
    韓国語能力試験(TOPIKのみ有効)または英語能力試験(TOEFL・TOEIC・英検等)のスコア
  11. 写真 1枚
    横3cm×縦4cm、上半身脱帽、6か月以内に撮影したもの。裏面にローマ字で氏名を記入し、「1.出願書」に貼付すること。
<注意>
(1)提出書類は全て日本語で作成すること。
(2)提出書類は原本を提出すること。コピーを原本とする場合は発行機関の証明を得ること。
(3)提出書類は、いずれも正本1通、他はコピーでよい。ただし、上記書類番号2、3、6、9、10についてはコピー2部で構わない。なお、「1.出願書」のコピーは、写真貼付後の正本からとること。
(4)提出書類で、正本が韓国文または英文のみしか用意できない場合は、応募者本人が訳したものでよい。その場合は、理由・翻訳者を明記し、必ず正本のコピーとともに提出すること(「5.推薦状」は除く)。
(5)提出書類は、それぞれの右上に上記書類の番号を記入し、1~10(ただし「5.推薦状」は除く)をそれぞれ1部ずつ順に重ねて左上をクリップでとじ、正本1部、コピー1部、計2部作成すること。
「1.出願書」の残り1部(コピー)、「5.推薦状」2部はとじずに提出すること。
(6)出願書類は、A4判に統一すること。A4判より小さいものはA4判の紙に貼り、A4判より大きいものはA4判の大きさに折りたたむこと。
(7)提出書類に記載された名前または生年月日が異なる場合、証明書を添付すること。
(8)開封無効の証明書等も開封してとじること。 ただし、「5.推薦状」は開封しない。
(9)提出書類に不備があった場合、失格とする。
(10)提出された書類は一切返却しないため、応募者本人の控えとしてコピーを取っておくこと。
2017年度大韓民国政府奨学金(学士課程)留学生募集要項等については、以下の項目をクリックしダウンロードしてください。

このサイトのPDFファイルを閲覧・ダウンロードするためにはAdobe Readerが必要です。
下記のサイトよりプラグインを入手してください。(無料)

Adobe Readerのダウンロードリンク

※リンク先を新しいウインドウで表示

注意事項
  • 各奨学金の募集内容、応募資格、募集時期、留学先の言語等による書類の作成などに関するご質問は、掲載中の募集要項を熟読の上、要項内に記載しているお問い合わせ先(主に、留学先国側の機関)にお願いいたします。
  • 和文の出願書類に関するお問い合わせについては、日本学生支援機構でも対応しております。なお、和文出願書類の内容は、多くの場合、留学先の言語による出願書類の内容に準じることにご留意ください。
  • 奨学金によって募集時期や日本人の募集の有無が異なるため、ここには募集時期が既に終わっている前年度もしくはそれ以前の要項が含まれています。
  • 日本学生支援機構が募集・選考に協力している奨学金の募集要項については、募集要項が発表され次第、日本国内の4年制大学等に周知されます。
  • 各奨学金の募集要項は、日本政府機関に対し広報協力依頼があった場合に限り、海外留学支援サイトに掲載いたします。新規募集要項の発表の有無については、当ホームページの「募集中の外国政府等奨学金(日本学生支援機構協力)」のページでご確認ください。
  • 募集要項は転送自由です。なお以下の行為は固くお断りいたします。
    1. ファイルの書き換え、内容の改ざん
    2. ファイルの内容を誤解させるような表記とともに通知すること
    3. 旧年度募集要項の転送

この国の政府奨学金情報を見る

お役立ち関連情報

このページの先頭へ戻る