海外留学情報

目的から調べる

2017年2月6日作成

ここから本文内の内容です

ドイツ 音楽・美術留学

このページは平成27年度の調査をもとに、2017年2月時点で更新した情報です。学校情報については留学を希望する学校に直接最新の情報を確認してください。なお、当機構がこれらの学校を特におすすめしているという趣旨ではありません。
ドイツ語のウムラウト記号は、該当の母音後にeを入れることで代替しています。

音楽を学べる教育機関

大学
公立大学
公立大学の学生数は15,000人ほどです。音楽大学の名称は「総合大学」と「単科大学」の二つがあります。しかし名前によって大きな差があるわけではありません。音楽の実技を学ぶことのできる大学は、20校以上あります。

入学には中等教育修了資格を持っていることが必要です。受験者は実技試験によって、才能を審査されます。大学によっては受験回数を4回など、制限しています。

大学によっては、宗教音楽の教育を行っています。こうした講座を受講するにあたっては、プロテスタントの所定の宗派の信徒であることを示す必要があります 。

語学要件は各大学で異なります。参考までに、ハノーヴァー音楽演劇総合大学の場合、欧州言語共通参照枠(CEFR)のB2、TestDafのレベル1、DSHのレベル3などを求めています 。学費は各大学によって異なります。ハンブルグ音楽演劇単科大学の場合、年に会費として約300ユーロ、学費として約800ユーロ/年を納めます 。

特に優れた学生のための資格として、コンツェルト・エクサーメンKonzertexamenがあります。これは修士号取得後、2年程度の就学を続けて取得することができるものです。受講にあたっては審査があり、大学の講義の成績で高い評価を得ている必要があります。

費用のレート計算は外国為替情報ページで確認してください。 ロイター外国為替レート>ユーロ ※リンク先を新しいウインドウで表示

<学校例>
学校名 ロベルト・シューマン単科大学(Robert Schumann Hochschule)
課程 学士課程
合格者数 約800人
対象者 ・選抜試験に合格している者。
・語学要件を満たしている者(ゲーテ・ドイツ語検定試験B2以上)。
選抜 各科によって、所定の実技試験を受ける。
学費 無料(経費は約600ユーロ/年)
言語 ドイツ語
期間 4年
私立大学
私立大学は8校ほどあります。いずれも「宗教音楽大学」「カトリック」「プロテスタント」などの名を冠していますが、実際には、宗教音楽だけではなく、ジャズやポップスについても学科を設けています。カリキュラムは、学士課程が主ですが、ディプロム課程もあります。しかし、これらは規模の大きいものでも学生数が100名前後で、私立大学の学生は総数で300人ほどです。3校ほどは、既に学生数がゼロ名となっています。留学希望者は募集しているかどうか、確認する方が確実でしょう。
音楽教室
公立学校が、学校のカリキュラム外で、市民の教養を深めるために講座を開講しています。ベルリン市の場合、合計で130あまりの講座があります。実技には、歌謡、器楽があります。歌謡では自分で曲を書き、歌うことも教えます 。
期間は講座により、まちまちです。10コマをきる短いものから、250コマを超えるものがあります。費用はコースによって異なりますが、40ユーロから200ユーロほどです。
短期講座
ドイツでは公立大学が夏期講習会を開いています。言語は英語もあります。プロを養成する高度なものから、教養を深めるものまであります。費用は講座によって様々です。

【例】
ロストック音楽演劇大学、サマー・キャンパス/ マスターコース
ロストック音楽演劇大学が開校する1週間のコース で、少数で講座を受ける他、プロたちとソリストとして共演する場が与えられます。費用は一般が320ユーロ、ロストック音楽演劇大学の学生が160ユーロです。住居は用意しておらず、ホテルを推薦しています。受講にあたっては試験があります。実技を録音し、各講師が受講の可否を判定します。

フランツ・リスト大学、夏季マスター・クルーゼ
7月初頭から8月末にかけて、フランツ・リスト大学で2週間程度の夏季講座が開催されます。プロを養成するための講座で、難易度は非常に高いものとなっています。各講師によって、様相は異なります。著名な音楽家の講座の場合、所定の日にオーディションが開催されます。費用は全体で400~600ユーロとなっています。住居はホテルを予約することができます。受講する講師等によって条件が異なりますが、150~400ユーロ/日になっています。

バイロイト大学、音楽と音楽人生コース
バイロイト音楽祭に合わせて、8月初旬から9月初旬まで、バイロイト大学で一か月間の講座が、開催されます。教養を深めるためのもので、ドイツ語の水準が欧州言語共通参照枠(CEFR) のB2であれば、音楽に関する技術がなくても受講することができます。この講座はドイツ語研修を兼ねています。プログラムは午前中が語学(20時間/週)、午後が音楽(8時間/週)となっています。その他、文化についての理解を深める機会が設けられています。費用は合計で800ユーロです(食事と住居は含まず)。また別途、寮に申し込めます。
アンケートのページには、学士課程や修士課程も設置されている音楽専門学校(Musikakademie)のアンケートを掲載しています。こちらの準備コースとアカデミーコースは1年から受講でき、学士課程に入学するほどの演奏技術がない方を対象としています。

このページの先頭へ戻る