海外留学情報

国・地域から調べる

2020年1月更新

ここから本文内の内容です

メキシコ

教育制度

最新の情報については日本国内の大使館・総領事館や現地の公的機関に直接確認してください。
教育制度
メキシコの教育はメキシコ教育省(Secretaria de Educacion Publica:SEP)が管轄しています。教育制度は基礎教育、後期中等教育、高等教育からなり、基礎教育と後期中等教育(3~18歳)が義務教育です。
【基礎教育】
幼稚園 3年
小学校 6年
中学校 3年

【後期中等教育】
高校(普通高校、技術高校)2~3年
専門技術学校 3年

【高等教育】
総合大学、専門大学、教員養成大学でおこなわれます。

・学部レベル
高等技術課程(2~3年)
学士課程(4~5年)

・大学院レベル
専門職学位課程(1~1.5年)
修士課程(2~4.5年)
博士課程(4年程度)

出典:メキシコ教育省“Sistema Educativo de los Estados Unidos Mexicanos: Principales Cifras. Ciclo Escolar 2017-2018”、文部科学省『世界の学校体系』より

基礎教育に関する権限は1993年に分権化され、現在はメキシコを形成する32の州政府に託されています。教育基準はすべてSEPの規定に基づくことから、基礎教育の私立学校についてもSEPへの登録、承認を得ることが必要とされています。

高等教育機関に在籍する総学生数は約390万人で、18~23歳の人口の29.5%にあたります。先進国と比較すると中途退学者が多いことが課題です。(メキシコ教育省 “Sistema Educativo de los Estados Unidos Mexicanos: Principales Cifras. Ciclo Escolar 2017-2018.”)

Sistema Educativo de los Estados Unidos Mexicanos: Principales Cifras. Ciclo Escolar 2017-2018(PDFファイル) ※リンク先を新しいウインドウで表示 メキシコ教育省作成

メキシコの留学生受入れ政策
メキシコ教育省は高等教育の国際化を目標に、英語での授業の実施や留学生・研究者の交流促進を進めています。
(2020年1月改訂:禁無断転載)
(2020年1月改訂:禁無断転載)

他の国・地域の留学情報を見る

このページの先頭へ戻る