留学先の国の特徴や留学情報をご紹介。
国ごとの違いを明確に知り、自分にあった留学先を見つけましょう。

このページは2024年度の調査した内容を掲載しています。特殊文字や記号は省略しています。

スウェーデン語を学ぶ目的で留学する場合には、大学付属語学コース、成人教育機関であり生涯学習の場を提供している国民高等学校(Folkhogskola)や国民大学(Folkuniversitetet)などのスウェーデン語講座、サマースクール、民間の語学学校があります。
スウェーデン語の学習到達レベルにはCEFR(欧州言語共通参照枠組)が使われています。

初心者から受講できる留学生向けの年間コース、ある程度のスウェーデン語を学んでいる上級者向けのコース、そして学部生や交換留学生など在籍生のための語学コースがあります。交換留学生を対象にしたコースの中には、一般の学生を受け入れているものもあります。
滞在先については、学校に紹介してもらえる場合が多いですが、自分で探す場合もまずは学生組合や大学の宿舎関係の部署に問い合わせてみましょう。

スウェーデン語コースは以下のリンク先から、検索してみてください。
Universityadmissions.se〔英語〕
検索ワード「Swedish」などで検索

幅広い年齢の人が通うことができるスウェーデン独自の生涯教育機関です。スウェーデン語、英語、数学などの一般コース(Allman kurs/Behorighetsgivande kurs)、音楽、メディア、芸術、演劇などの特別コース(Profilkurser)、そしてジャーナリスト養成などの職業訓練コース(Yrkesutbildningar)を開講しています。授業料は無料で、留学生も受講することが可能です。ただし、ほとんどの授業がスウェーデン語で行われています。また、スウェーデン語コースは、移民のために開講されているものが多いので、留学生を受け入れているかどうか事前に確認しましょう。

国民大学(Folkuniversitetet)は生涯教育を目的としたスウェーデン独特の成人教育機関です。開講期間も居住許可の必要がない90日以内のところが多いです。(※フルタイムコースであることが居住許可取得の条件です。)
全国に100か所以上あり、スウェーデン語の他にも多数の言語コースを揃えています。

大学との連携により、大学教授や研究者による講義やセミナーのほか、最先端の研究開発の状況といった、大学レベルの授業を受けることもできます。学校によって、スウェーデン語講座、アラビア語、ダンス、音楽、陶芸、織物、水彩画、法律、IT、ダンス、ビジネス経済など開講コースは多岐にわたります。
国民大学は中央政府、県、市から財政的な支援を受けていますが、地方のカラーを生かしながら各校が独自のプログラムを用意し、自主的に運営されています。
外国人を対象にしたスウェーデン語講座や英語講座があり、留学生にも広く門戸が開かれているのが特徴です。

スウェーデンの大学は6月初めから8月末まで夏休みに入ります。この期間を利用して、外国人を対象にしたスウェーデン語のサマーコースが各地で開かれます。国民大学でもサマーコースを開催しています。
各地のサマーコースの内容、期間は学校によって異なりますが、ここでは代表的なものを紹介します。

 

スウェーデン 公園 夏

ストックホルム市など人口の多い都市には、英語やスウェーデン語を学ぶことのできる語学学校も多数あります。語学学校の場合は、1週間単位で受講料を支払うシステムが多く、留学生向けの宿泊施設を用意している学校もあります。ストックホルム市内の語学学校では、一例として、2024年3月の時点で、15レッスン1,700ユーロ(約27万5千円)で留学生向けのコースを提供しています。

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は、
文部科学省が所管する団体です。
学生支援を先導する中核機関として、「奨学金事業」
「留学生支援事業」および
「学生生活支援事業」を
総合的に実施し、
次世代の社会を担う豊かな
人間性を備えた創造的な人材を育成すると
ともに、
国際理解・交流の促進を図ることを目指しています。